S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 今年も「筍」頂きました!筍ご飯! | | 伊藤ハム:これが食肉の裏側!骨折した母豚に乗る職員 >>
八幡平クマ牧場:ALIVEの現地レポート&秋田県の取組と今後
JUGEMテーマ:ペット


<ALIVE-newsより転載>

◆八幡平クマ牧場:残されたクマに対する秋田県の取組

当会では5月1日から4日にかけて、八幡平クマ牧場の現地視察を行い5月8日に現地視察レポート(概要)をHPに公表しました。
http://www.alive-net.net/zoocheck/kumabokujou/kuma-hachimantai5.htm

現地視察時には、飼育舎に設置されている給水槽は水の循環がされておらず、飼育舎によっては汚水に近いほど水が汚れていましたが、その後、秋田県職員のご尽力によって新鮮な水を飲むことができるようになりました。
http://www.alive-net.net/zoocheck/kumabokujou/kuma-hachimantai6.htm

また、昨日(5月16日)には、秋田県が正式に日本動物園水族館協会に対し、当該牧場に残されたクマの引受先確保のための支援依頼を出しました。
一般の動物園で引き受けを行うには、個体ごとの年齢、性別、健康状態、入手元などの情報が必要不可欠ですが、その把握に向けて、秋田県が同日、クマの専門家を現地へ招致し、個体調査を行ったことが報道されましたので、お知らせします。

-----------------
個体記録作成へ専門家調査・・・クマ牧場
(2012年5月17日 読売新聞秋田版)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120516-OYT8T01140.htm

譲渡先確保、動物園協会にも支援依頼

鹿角市八幡平の「秋田八幡平クマ牧場」でヒグマに襲われて女性従業員2人が死亡した事故で、県は16日、残されたクマ29頭の譲渡先探しのために個体記録を作ろうと、クマの生態に詳しい専門家を現地に招き、クマの健康状態などの個体調査を行った。また、県は同日、日本動物園水族館協会(東京)に対し、協会に加盟する動物園でのクマの受け入れについて、支援を求める文書を送った。

(略)

県は今後、小松氏の協力と、長崎氏からの聞き取りなどで、クマの性別や推定年齢、血縁関係などをまとめる。今月初め、牧場の実態を視察した動物愛護のNPO法人「地球生物会議」(東京)の調査結果と併せて個体識別表を作る。
一方、県は、長崎氏が今月末にも牧場を閉鎖する意向を示していることを踏まえ、日本動物園水族館協会に送った文書の中で、「クマの管理と引受先の確保が喫緊の課題」「県としてクマの取り扱いに苦慮している」として、同協会に加盟する動物園に情報提供するなど譲渡先確保への支援を依頼した。

全国86の動物園が加盟する同協会は22〜24日、北海道旭川市で理事会と総会を開く。同協会の担当者は取材に対し、「譲渡には正確な頭数や健康状態、捕獲場所などの把握が必要。まずは理事会で文書の内容を協議したい」としている。

------------

NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
http://www.alive-net.net/


【転載 ここまで】


現地視察の結果、ヒグマがコグマを2頭出産していたということですが、閉園を考えていたにも関わらず、繁殖制限対策が講じられていませんでした。
また、マイクロチップによる個体識別がされておらず、管理台帳も作成されていません。個体の年齢・性別・入手元に関する情報も不明です。

餌は、県内4施設(病院・老人ホーム等)から供給される残飯です。観光客が買ってクマに投げ与えるパンは、カビが生えていたものもあったという情報もあります。 強いクマが弱いクマの食事を妨害していたことによって、痩せたクマもいます。水は、汚水に近いもので、濁った水でした。残雪を食べているクマもいました。

動物愛護管理法で義務付けられているマイクロチップによる個体識別がなされておらず、繁殖制限措置も行わず、専門家もおらず、管理責任者も知識や経験が不足している中で、クマの本来の生態に基づく健康管理がされておらず、福祉の概念も欠落した飼育がなされていました。


特定動物の管轄は県であり、市はクマ牧場への立ち入り権限はないといいます。住民から苦情があっても市は直接住民に対応することができず、今後も全国各地でこうした惨状が野放しにされる可能性があります。

そもそも、特定動物の飼養許可基準が甘く、繁殖制限も義務化していないといいます。
小熊は、観光客目的で、集客のために利用されます。そのために母熊は繁殖を強いられ、生めば子どもを、赤ちゃんを取り上げられ見世物にされる。その母熊の気持ちを思えば、こんな残酷なことはできないでしょう。
これは、動物園や水族館など、動物を展示している施設全体に言えることです。

法改正はもちろんのことですが、私たち人間一人ひとりの、動物に対する意識の改革も、求められています。

 

野生動物・熊 | ねこまる | 10:04 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 10:04 |