S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 八幡平クマ牧場の報道記事&現地視察レポート(概要) | | 化粧品の動物実験の実質的禁止を!厚生労働大臣政務官に要請 >>
八幡平熊牧場についての秋田県知事の記者会見
JUGEMテーマ:ペット

<ALIVE-newsより転載>

◆八幡平クマ牧場:秋田県知事の記者会見

先日、秋田県知事の記者会見が行われましたが、その大半はクマ牧場問題についての内容でした。

秋田県知事会見動画
平成24年5月7日(月) 【定例記者会見】
http://webtv.pref.akita.jp/kaiken/24/index.html

県知事の会見の主な内容は、
「クマ牧場が作られた当時は、特定動物の飼育に関して何の規制もない時代であり、まず県が特定動物の飼育規制の条例を定めた。
その後に国の法律(動愛法)で規制が定められたのが6年前のことでルールが後追いをしている。
それに基づいて飼養許可をしてきたという点では、法律の問題でもある。
事故については許可を出した行政にも責任がある。
しかし、許可を出さないとその動物はどうなるのかという悩ましい問題が出て来る。何とかクマを生かしてやりたいので、譲渡先を探しているが、なかなか難しいものがある。
現在は、緊急避難として、県が餌を与えたり、管理を手伝っている。」
とのことです。

---------------------------

記者会見を報じた記事

知事、県責任認める
http://mytown.asahi.com/akita/news.php?k_id=05000001205080002
2012年05月08日 朝日新聞

秋田八幡平クマ牧場(鹿角市)の女性飼育員2人がヒグマに襲われ、死亡した事故をめぐり、佐竹敬久知事は7日の記者会見で、県の責任を認めた。牧場に残るクマ27頭の飼育をめぐり、えさをやる経営者の長崎貞之進さん(68)=大館市=に同行する職員を同日から派遣し始めたほか、公費によるえさ代の一部負担を検討する方針を明らかにした。

佐竹知事は会見で、記者の質問で責任を問われ、「全く責任がなかったことにはならない」「許認可庁として責任がなかったとは言えない」などと述べた。職員の牧場派遣は長崎さんの作業の安全を確保するなどの目的で、当面の対応として1日おきのえさやりに3人を送り込むという。

県はそのほか、現在、残飯を供給している大館、鹿角両市内の施設のうち近く打ち切る意向の施設もあるため、県が犬や猫を保護した際のえさ代として確保している約20万円を充てることを検討する考えも明らかにした。

えさについては県外の個人と団体計4者から寄付の申し出があり、2日までに3者から穀物などの飼料計305キロが届けられたという。
今月1日から現地調査に訪れた動物保護団体「地球生物会議ALIVE」(東京)からは約千キロのドッグフードが寄せられたという。

県は日本動物園水族館協会(東京)を窓口にするなどし、全国に引き取りを打診する準備も進めている。

-----------------

<行政による一時的管理に関して>

現在、八幡平クマ牧場では、従業員が死亡したため、経営者が一人でエサ集めやエサやりを行っており、安全面からも危険な状態であるため、秋田県が一時的にクマの飼養保管の援助を行っています。

なお、一般論として、管理能力の失われた事業者に代わって行政が、一時的に管理するという事態はあり得えます。

たとえば、産業廃棄物の不法投棄などの事件では、産廃業者が倒産していたりした場合、その撤去を行政が行います(代執行)。
銀行などが破綻したとき、緊急避難として国が債権を肩代わりすることもあります。原発事故では、本来なら東電がすべての後始末を行うべきですが、それができないので、国が多額の費用を肩代わりしてやっています。
これは結局、住民の税金で行われることですので、このような事態にならないように、法律で、事業の破たん時の対策がなければ許可を出すべきではない、ということになります。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。

NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
http://www.alive-net.net/


***************

バブル期には、こうした施設がブームのように出来たそうです。そんなブームで作らないでほしい。

法律がちゃんと機能していないから、そしてもともと不備だらけだから、こうした事故が起こっても、法律を隠れ蓑にされてしまう。
「厳しくするなんて、できない」なんて言わせてしまう動物愛護管理法。

この事件が起こった時、飼育員の年齢を知って驚きました。高齢の女性が飼育員になっている。しかも、施設全体で、管理者含め、たった4人。そして、みな、70歳前後。 熊も人間も軽視している。
きちんと運営しようとすれば、結局お金がかかってしまう。 「生かしておきたい」という善意、それは善意から始まったかもしれませんが、入口を閉めないと、蛇口から水があふれたときの対処が万全でないならば、悲惨な事故につながります。

起こってしまってからでは遅すぎる。


【八幡平クマ牧場(2001.5.26)地球生物会議(ALIVE)撮影映像】



【八幡平クマ牧場(2011.10.28)地球生物会議(ALIVE)撮影映像】



生きものに罪はない。
すべては人間が引き起こしているもの…


野生動物・熊 | ねこまる | 10:04 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 10:04 |