S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 八幡平クマ牧場の問題のテレビ報道について | | 化粧品の動物実験廃止実現を願って… >>
警戒区域で死んだ動物の慰霊祭
JUGEMテーマ:ペット


 

 

◆警戒区域で死んだ動物の慰霊祭
NHK NEWS 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120422/t10014629881000.html
4月22日19時8分

東京電力福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が警戒区域に設定されてから1年となる22日、東京・上野で、取り残されて死んだ動物たちの慰霊祭が行われました。

去年の4月22日、福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が警戒区域に設定され、置き去りにされた家畜やペットなど多くの動物が飢えなどにより死にました。22日、そうした動物たちを弔おうとボランティアによる慰霊祭が東京・上野公園で行われ、およそ150人が参加しました。

この中で、原発からおよそ2.5キロの双葉町で牛をおよそ50頭飼っていた鵜沼久子さんは「急に避難することが決まり、きちんとお別れもできませんでした。一時帰宅すると、かなりの牛が餓死していました」とみずからの経験を語りました。

参加者たちは、地震が起きた午後2時46分に合わせて黙とうを行ったあと、祭壇に向かってペットフードを供えて死んだ動物たちに手を合わせていました。
鵜沼さんは「私たちは牛のおかげで生活することができました。本当は牛たちと一緒に残りたかったが、それもできませんでした。生き残っている牛まで殺処分されてしまうのは悲しいので何とかしてほしいです」と話しています。


◇  ◇  ◇

「うちのとらまる」さんより転載
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11228423241.html


警戒区域内どうぶつ慰霊祭

4月22日東京上野と南相馬にて同時開催されます

去年の4月22日は

20キロ圏内の動物たちにとって

死の宣告がなされた日

一年がたっても

依然として警戒区域に残され

必死で生き残っている動物たちがいます




その子たちを救出するために




そして 死んだ子たちを忘れないために

 

 




待ちつづける動物たちーー福島第一原発20キロ圏内のそれから【電子書籍】[ 太田康介 ]

 

 

【転載 ここまで】






公正な暮らしを求める人が第一に慎むべきは、
動物を傷つけることである。

―レオ・トルストイ

 

 

東日本大震災 被災地動物情報 | ねこまる | 23:05 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 23:05 |