S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< 今日は国連世界食糧会議が「飢餓からの解放は全人類の責任」と宣言(1974年)! | | オバマ大統領もヴィーガンを目標に!?子ども達は、We Are Hungry? >>
【東京】捕鯨・イルカ猟反対デモがあります☆イルカと水族館
JUGEMテーマ:ペット




<ヘルプアニマルズより>

◆捕鯨・イルカ猟反対デモ 11/24 13:30

Action for marine mammals〜海洋哺乳類を守る会〜主催

捕鯨問題は右翼の人なども出てきたりするかもしれませんし、動物の権利運動をしている人においてさえ、関心が低い分野です。参加者もそれほど多くない可能性もあります。
ぜひ多くの方へ知らせて、一人でも多くの参加があるようにご協力をお願いします。

※デモ日時:2012年11月24日 13:30

捕鯨とイルカ猟に反対するデモを行います。
(東京都渋谷区の)宮下公園北側、フットサル場Bの横に13:30集合、14:00出発予定です。

プラカード、イルカの着ぐるみ、音を鳴らすものなど自由に持って来てください。
オーストラリア、ブラジル、イギリスなどとの同時デモになります。

参加希望の方は、まずはAction for marine mammals~海洋哺乳類を守る会~へのグループ参加への申請をお願いします。追って招待します。

---------------
ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/index.html





●イルカを水族館で飼うことの問題点

イルカを水族館に囲うことは、イルカから2つのことを奪うことになります。音の世界を、そして家族を奪います。

水族館のコンクリートの水槽では、イルカは超音波を発してエコーロケーションを行なうことができません。視覚だけでなく、音に頼って生活するイルカにとって、これは大変なストレスです。
いっぽう、イルカは群れで社会生活を営む、極めて社会性の強い海洋哺乳類です。イルカを群れから引き離して水槽に入れることは、そのイルカから家族を奪うことであり、これはイルカに想像を絶するストレスを与えます。

水槽に入れられたイルカは退屈のあまり死ぬこともあります。また、イルカの呼吸は、人間と違って意識的に行なうものであるため、イルカが自ら息をしないことを選んで死ぬこともあります。
野生のイルカは36年くらい生きるのに、水族館では7年くらいしか生きないと言われています。死因の多くはストレスによる免疫不全です。
アメリカの海洋哺乳類学者ナオミ・ローズ博士は「イルカはストレスや恐怖、強い困惑によって、“もう生きるのをやめよう”と自分で決めることができる」と述べ、イルカが自殺するという説を肯定しています。オバリー氏の腕の中で死んだキャシーという名のイルカについて、オバリー氏は自殺したのだと語っています。


●水族館は教育施設ではない 

日本にはイルカを展示する水族館等のイルカ施設が約50館あって、これはヨーロッパの水族館の合計数よりも多いものです。

日本では、「子どもたちの教育」のためとして、水族館でイルカショーを行なっています。
また、イルカを選別して水族館に運ぶ水族館の職員が、残酷なイルカ殺しをしているイルカの追い込み猟を手伝っているのが現状です。静岡県伊東市の富戸でも、水族館の職員が追い込み猟でイルカの選別をしていますが、その過程でイルカがぶつかり合って血を流し、1時間で海が真っ赤になります。水族館の職員が野生動物の保護について理解していない状況で、水族館を訪れた子どもたちに何を教育するのでしょう。


●イルカを野生に復帰させる活動

グアテマラ、ニカラグア、ハイチ、ブラジルなど、さまざまな国で、捕獲されたイルカを野生に戻す活動がされています。イルカを野生に戻した国は、もうイルカを囲わないことを決めています。

イルカを野生に戻す過程は大体同じで、まず、水槽内の衰弱しているイルカに、薬と水を入れた魚を与えて元気を取り戻させ、つぎに、そのイルカが捕らえられた自然の海に囲いを作って、水槽から海の囲いに移します。このとき、イルカの胃や歯を調べ、病気がないかを確認します。そして、海の囲いの中でイルカが自分で魚を追って食べるようにさせます。

イルカは人間に訓練されて水族館で芸をするようになりますが、その訓練によって、心的にも身体的にも異常をきたし、自然の海に戻したときには、すでに自然の海では生きられなくなっています。訓練してイルカを野生に戻すことはできません。訓練されたものをはずしてやる、つまり、訓練されたものを取り除いて野生に戻してやることが必要です。自然の海のリズムや潮の流れを感じることで、イルカは健康や野生の生活を取り戻していきます。

自然の海の力がイルカを健康にしたら、周りを取り囲んでいたフェンスを開けて様子をみます。イルカを放すときには、後で追跡調査ができるように背びれに印をつけます。印が見つかれば、そのイルカが無事に生きていることがわかります。健康になったイルカが海に出ていくのを選べば、そうさせます。
イルカを自由にするということは、イルカ自身に自分がどうしたいかを選んで、自分で決めさせることです。もしイルカが囲いに留まることを選んだら、そうさせます。


●囲われたイルカが受けるストレスとイルカへの待遇

水槽に入れられたイルカは、ひどい待遇をうけ、過度のストレスを受けています。

コンクリートの水槽に入れられたイルカは隠れるところも全くなく、ひどい環境です。何もない水槽に入れられたイルカは退屈して、退屈のあまり死んでしまうこともあるのです。


※イルカを見世物にする水族館は減少しています

イギリスには鯨類を飼育する水族館は既になく、北米では70館以上の水族館がイルカなどの鯨類を飼育展示しないと宣言し、北米とオーストラリアには、鯨類の飼育や展示を禁止した州もあります。さらにフィンランド、インド、キプロスなどの国々では水族館へのイルカの輸入を禁止し、ヨーロッパ各国では、イルカ類の捕獲に対して政府が許可を出さない例が続いています。また、現在、ルフトハンザ航空をはじめ、世界の10社に及ぶ航空会社が水族館に向けてのイルカ類の輸送を行なわないと発表しています。(エルザ自然保護の会HP)


クジラ・イルカ・シャチ | ねこまる | 19:23 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 19:23 |