<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アル・ゴア氏の地球温暖化授業
アル・ゴア氏の「地球温暖化授業」


遅ればせながら、テレビで放送されたアル・ゴア氏の「地球温暖化授業」を初めて、You Tubeで見ました(現在は見ることが出来ません)。

そこで気になることが・・・。


アル・ゴア氏は、授業で「大気中のメタンガスのほとんどは、家畜のゲップが原因で、地球温暖化を阻止する重要なポイント」だと言っています。
おお〜、素晴らしい!よく言ってくれた!拍手と思いました。が、その前に、「牛にゲップさせないようにする」という意見に、GOOD アイデア!」 と言ったので、「え〜っ!!!」と思ったのでした。
きっとそれは人間が操作することだろうと思ったのです・・・・。
しかもそれって、牛に対して不自然なことを強いるじゃないですか。

そうしたら、やっぱり、「家畜に食べさせるサプリメントの研究を行っている」と言いました。


家畜に食べさせるサプリメントの研究よりも、人間が、お肉を食べない・お肉を食べる量を減らすほうが、よっぽどいいんじゃないでしょうか?


何で?って思われた方、以下のサイトをご覧になってください。
肉食.com 環境と畜産の関係
http://www.nikusyoku.com


■国連食糧農業機関(FAO)が2006年に出した報告書
・「牛が環境への最大の脅威」FAO報告書

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/agrifood/agrienvi/
06121301.htm




アル・ゴア氏は言っています。
「地球温暖化の危機を食い止める、それはまず一人一人の心がけから始まる。私たちは、もっと真剣に地球温暖化の危機に取り組めば、世界を変えることができる」と・・・。

「この言葉を耳で聞くのではなく、ハートで聞いて欲しい。人類の未来がかかっている。私たちはこの地球温暖化の危機を解決することができるのだ」と言っているアル・ゴア氏。

はい、ハートでしっかりと聞きました。


でも、こんなことも・・・。
肉食アル・ゴア氏の最も不都合な真実↓
http://www.coco-art.com/lohas/vg_column1.htm#7


(アルゴア氏は、地球温暖化のことを考えるきっかけを多くの人に与えたということは真実ですね!)



先進国といわれるところに住んでいる私たちの現代的な生活は、普通にしていても多くの矛盾を抱えています。

でも、少しずつでも意識を環境や地球、動物たちに向けて、これらに負荷の少ない生活を選択していくという意識を持つことは、私たち一人ひとりに必要なことになっています。


地球環境問題について / 2007.07.12 Thursday 17:03 | 
<< さつま芋で簡単おやつ | main | 簡単! 炊飯器でお豆のパエリア >>
スポンサーサイト
- / 2017.03.27 Monday 17:03 |