S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>






































<< ナチュラル惣菜カフェ「ベジ卓」へ行って来ました! | | さつま芋と人参のマヨネーズ和え/ヴィーガンスコーン☆いのち紡ぐわたしたち >>
飼い主のいない猫の問題☆「公園猫セミナー」みどり町自治会野良猫捕獲報道
JUGEMテーマ:ペット



 <ALIVE-newsより転載>
 
飼い主のいない猫の問題

ALIVEの調査では、2009年度に行政により殺処分された猫の数は173,300匹で、そのうちの78%は幼い子猫でした。
http://www.alive-net.net/companion-animal/hikitori/

syobun-gensyou3.htm

また、猫の収容数のうち、70%が、飼い主不明の猫となっています。従って、猫の殺処分数を減らしなくしていくためには、何よりも飼い主のいない猫の繁殖制限を行うことが重要です。
しかし、飼い主がいないがために、誰が不妊去勢手術の費用を負担するのかが大きな課題となります。
・地域の住民がお金を出し合って拠出する
・愛護団体が寄付を集めたりバザーなどで費用をねん出する
・市区町村が一部助成金を出す
・低料金で手術をしてくれる獣医を探す
といった取り組みがありますが、それにも限界があります。

このような飼い主のいない猫の問題に関して、大阪市では「公園ねこについて考えるセミナー」を開催します

--------------
大阪市はおおさか公園ねこの会とともに、「公園ねこについて考えるセミナー」を開催します。このセミナーでは、所有者不明ねこに関して豊富な知識や経験を持つ方々をパネラーにお招きし、市民との協働で取り組む都市公園の所有者不明ねこ対策の意義や方向性について理解を深めます。(略)

・日時:平成23年11月5日(土) 14時〜16時
・場所:TKP大阪本町ビジネスセンター7階
(大阪市中央区本町2-3-4 アソルティ本町)
・内容:基調報告 
(「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」の取り組みについて)
公園ねこサポーター活動報告
パネルディスカッション
・テーマ:「公園ねこを市民との協働で適正管理することの意義と方向性」 
・パネラー 
植田 勝博氏(弁護士、動物法ニュース事務局長、ザペット法塾代表)
黒澤 泰氏(横浜市港南福祉保健センター獣医師、地域猫提唱者)
山本 葉子氏(NPO法人東京キャットガーディアン代表)
岩井 秀子氏(滋賀県動物愛護推進員、大津市所有者不明ねこ対策検討会委員)
荒井 りか氏(大阪市動物愛護推進員、中之島公園猫対策協議会代表)
山田 好一氏(大阪市健康福祉局健康推進部動物管理センター保健主幹兼健康推進部保健主幹、獣医師)

・定員:150名(先着順)
・お問い合わせ:大阪市ゆとりとみどり振興局 緑化推進部管理課
TEL06−6469−3813
---------------

一方、三重県亀山市みどり町の自治会では先日、地域住民から苦情の多い野良猫を捕獲して保健所に引き渡すという措置を決め、自治会と保健所に対し全国から抗議が殺到しました。
これについて、「野良猫捕獲 愛猫家対自治会の行方」として10月29日のTBS「報道特集」で放映されました。

この、飼い主のいない猫の問題について、11月上旬から始まる動物愛護法改正に向けてのパブリックコメントで、誰もが意見を出すことができます。


以上

NPO法人地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/

 

鳥獣保護法*ノイヌ・ノネコ*飼い主のいない猫問題 | ねこまる | 21:11 |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 21:11 |