<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ユニクロが「ミュールシング羊」のウールを段階的に廃止へ!
JUGEMテーマ:ペット

<ベジタリアン べグブロさんより>


(写真 ありがとうユニクロ)

約8ヶ月間PETAなどが行ったキャンペーンの末、ユニクロがミュールジングをした羊の羊毛の使用を段階的削減することに同意しました。PETA

http://ameblo.jp/vegblog/entry-11291098706.html

*****

<ヘルプアニマルズより>

ミュールジングをなくすために意見を届けた方々 嬉しいニュースです。
PETA Asiaからの海外グッドニュース。

ユニクロがミュールシング羊のウールを使わなくなります。

PETAはユニクロから、「”ミュールシング”の方法を羊に対して行っている農家からのウールは段階的に廃止していく」ということの知らせを受けました。

”ミュールシング”は、ハエの産卵や繁殖を避けるために羊の肉体の一部分を切り落とす残酷な生産方法で、麻酔や痛み止めの処置もされません。
すでにオーストラリアの多くの羊農家では、うじのコントロールのために別の人道的な方法をとっていますし、また他のウール生産国ではこの”ミュールシングを行っていません。

これでGAP、無印、Topshop, H&M, Abercrombie & Fitchユニクロが続くことになります。


ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/


◇ ◇ ◇



セーターやコート、マフラーといった主に冬に使用する服飾品などに動物性のものが使われていたら、それは暖かさとは程遠い残虐性、しかも凍りつくような残酷さから作られたものだということを、知ってください。
こうした残酷さから無縁となるには、消費しないことが一番です。




ミュールシングとは?

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ミュールシング (英語 mulesing) は、羊への蛆虫(クロバエ科のヒツジキンバエなどの幼虫)の寄生を防ぐため、子羊の臀部(陰部と表現されることもある)の皮膚と肉を切り取ること。名前は考案者のジョン・ミュールズ (John W. H. Mules) にちなむ。
1930年代から、オーストラリアでメリノ種に対し広く行われている。ニュージーランドでも行われていたが、2007年までに廃止された。


概要

羊毛用に品種改良されたメリノ種は、多くの羊毛を採取するために皮膚面積が広く、全身の皮膚に深い皺がある。そのため、臀部・陰部の皺に糞尿がたまりやすく、蛆虫が繁殖しやすい。そうなると、羊は蛆虫に皮膚や肉を食い破られ、死に至ることもある。それを予防するため、ミュールシングがなされる。ミュールシング以外では、薬品を使う方法(ケミカルトリートメント)などがある。

ミュールシングは無麻酔でおこなわれ、また傷跡の治療なども行われない。そのこともあり、動物愛護の面から批判がある。アメリカ合衆国の動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」 (PETA) はオーストラリアにミュールシングの停止を訴え、小売店にオーストラリア産羊毛製品のボイコットを訴えている。2008年2月には、スウェーデンに本社を持ち世界各国に展開する大手衣料品会社ヘネス・アンド・モーリッツ (H&M)がオーストラリア産ウールを使用しないことを発表した。





◇ ◇ ◇

ユニクロに対しては、残酷なオーストラリアウールを使わないようにとキャンペーンが行われていました。

<ベジタリアン べグブロさんより転載>
http://ameblo.jp/vegblog/entry-11258732307.html


ユニクロへ無印のように残酷なオーストラリアウールをやめてと言おう!


Mulesingミュールジング オーストラリアの羊

オーストラリアで飼われている最も一般的な羊はメリノ種です。メリノ種は在来種ではなく、皮膚にしわを持つ特別に交配された羊です。羊1匹から取れる羊毛がより多いのです。この不自然な毛の多さで、暑い時期は暑さで衰弱し死ぬことさえあります。またシワに尿と湿気がたまります。この湿気を好むハエがシワに卵を産み、ふ化したウジが羊を食べます。これを避けるために何百万頭の子羊に毎年切除が行われます。子羊のおしりから広範囲の皮膚と肉をいかなる痛み止めもなしに切り取るのです。これがミュールジングです。人道的な代替品が利用可能で、オーストラリアの多くの農夫が使用しているのですが。

オーストラリア羊毛産業は2010年までにミュールジングを段階削減すると約束しましたが裏切りました。この産業が正しいことをする意思が見られないので、PETAオーストラリアは世界中の製造業者と小売業者に、ミュールジングをした羊毛、つまりオーストラリア産羊毛のほとんど全てをボイコットするように求めてきました。


【転載 ここまで】






ウールが残酷な理由は、それだけではありません。
老いた羊は、オーストラリアから中東や北アフリカへ、生きたまま数週間〜何か月も船で輸送されます。輸送中に死ぬ羊も多くいます。そして、過酷な船旅を経て生き延びた羊が待つ運命は、お肉です。




人間に極限まで利用しつくされる動物たちの一生…。

世界中でヴィーガンを選択する人が増えているのも、ちゃんとした理由があります。
人間としての倫理的理由が、ちゃんとあるのです。暴力や搾取に対して、いかなる理由も通用しないということを、私たちはすでに心で知っています。




人間と動物の関係を、今こそ見つめ直しませんか?

人間であれ動物であれ、誰かが苦しみの中で生きていると知ったならば、彼らの苦痛が少しでも和らぐように、そして苦痛がなくなるように全力を尽くさない限り、私たちに安らかな眠りは訪れません。

もうこれ以上、道徳に目をつぶり、倫理に口をつむぐことは、止めにしましょう。
どうか、人間が動物たちに強いているあらゆる現実に、目をしっかりと見開いてください。


<参考>
ジェフリー・M・マッソン著『豚は月夜に歌う』


/ 2012.07.01 Sunday 21:14 | 
 | 1 / 1 PAGES |