<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
セーターやコートを贈る前に知ってほしいこと
JUGEMテーマ:ファッション



ウール(羊毛)がどんな作られ方をしているか、知っていますか?
知っていれば、誰か大切な人への贈り物にしたくなるような、素敵なものには見えないでしょう。






ウール生産の中でも、ウジの発生を防ぐために行われているミュールシング(=mulesing)が野蛮だと批判を浴びています。

 

ミュールシング

羊への蛆虫の寄生を防ぐために、子羊の臀部(陰部と表現されることもある)の皮膚と肉を切り取ることです。これらは1930年代から、オーストラリアでメリノ種(羊毛用に品種改良された)に対して広く行われています。メリノ種は、多くの羊毛を採取するために、皮膚面積が広く全身の皮膚に深い皺があります。そのため、臀部・陰部の皺に糞尿がたまりやすくなり、夏の湿気などで蛆が繁殖しやすくなります。そうなると、羊は死に至ることもあります。それを予防するために行われるのが、ミュールシングです。ミュールシングは、無麻酔で行われ、傷跡の治療なども行われません(―Wikipediaより)。





オーストラリアでは段階的にミュールシングを廃止すると発表しましたが、現在のところはどうなっているかわかりません。





ウールを生産できなくなった羊は、「肉」「ムートン」「革」のために殺されるか、中東に輸出されます。

中東に輸出される食用の羊は、生きたまま運ばれるため、3〜6週間もの間、餌や水も満足に与えられず悲惨な状態に置かれます(イスラム教国では、宗教上の理由で屠殺後24時間以内の肉しか食べられないため、生きたまま輸入する必要があります)。

「死の船旅」と呼ばれ、船に数十万〜数百万頭もの羊が、身動きできずに過密な状態のまま糞尿にまみれて輸送されます。
輸送中、病気で死ぬ羊も後を絶ちません。

船上で生きながらえた羊は、イスラム教国のハラール儀式による屠殺方法で、意識のある状態のまま刃物で喉の血管と気管を切り殺されます。血は全部なくなるまで放血させます。


ウール製品を買うということは、羊たちのあらゆる苦しみを招き助長することにつながります。







今年は未年ですね。
羊たちに、多くの愛を届けましょう。

動物たちを苦しめない、残酷さに加担しない消費を選択していきましょう♪



<画像>
The Sad Story of Wool & "Lamb"
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.367884366569887.92356.201671686524490&type=3


<参考>
ウールは毛を刈り取るだけ?それは間違い(アニマルライツセンター)
http://www.arcj.org/animals/cloth/00/wool.html


 
ウール・羊 / 2015.01.07 Wednesday 11:26 | 
「ウール」は身も凍るような作られ方をしている
JUGEMテーマ:ペット

ウール製品を買う前に、知って下さい。

ウールは、冬の防寒服などに欠かせないものとなっています。
しかし、どのように生産されているかを知れば、驚愕することでしょう。
「動物虐待」と無縁ではありません。
 


世界で生産されるウールは、年間約11億kgと言われています。
これは、セーターに換算すると、27億5千万枚だそうです。

羊1頭当たりおよそ3kgのウールがとれるので、世界で年間に生産されるウールのために、羊が約3億6千万頭も犠牲になっていることになります。





羊に暴力や虐待を与えたりすることを全ての牧場や工場で行っていると断言はできません。しかし、大なり小なり、力づくで羊を従わせたりすることはどこでもあるでしょう。

大量生産には、効率が付きものです。
かれらは、生きものとして倫理的な扱いを受けていないのは明らかです。

私たちは、ウール製品の裏にはこうした現状があることを、目を背けずに受け止めなければなりません。




https://www.facebook.com/LiveVegan



<参考>
【閲覧注意】ウール生産工場で撮影された、「動物虐待」のリアル
http://tabi-labo.com/67602/one-minute-wool/


 

ウール・羊 / 2015.01.06 Tuesday 13:04 | 
 | 1 / 1 PAGES |