毛皮はいらない!すべての動物毛皮製品をゼロに…

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

<アニマルライツセンターより>

 

ファッションに動物の犠牲はいらない!署名にご協力ください!

 

 

※署名はこちらから!

 

 

【署名内容】

 

2017年、150万4千頭の動物たちが、日本人の毛皮(リアルファー)消費のために、犠牲になりました。

グッチ、アルマーニ、ベルサーチ、ユニクロ、H&Mなど多くの企業が毛皮を売りません。サンフランシスコやウェストハリウッド、バークレー、サンパウロは毛皮販売を禁止しました。

 

日本も10年前と比較すると約80%消費が減少しているなか、残念ながら、2017年は2016年と比較すると毛皮製品輸入量が増加しました。世界中で毛皮の需要が激減しているため、毛皮の価格が下落していっているためです。

 

文明が発達した日本で、動物を腕につけたり、首に巻いたりする必要は、もはやありません。

 

毛皮のための動物の犠牲は、ゼロであるべきです。

 

動物は苦しんでいます。


世界中の毛皮の85%以上が毛皮農場で作られています。
数千頭から数万頭まで大量に動物を飼育する毛皮農場。このように多くの動物を飼育する現場が、福祉的であることはありえません。実際、福祉が発展していると言われるEUでも、頭が食いちぎられたミンク、治療されないウサギ、通常の10倍近く太らされたキツネなど、多くの問題を抱えています。四方八方を金網で覆われ、共食いを繰り返し、激しい異常行動をし続け、足が金網に挟まってちぎれ、感染症に苦しんでいます。


殺し方も残酷です。叩き殺したり、口とお尻に電極棒を突っ込んで感電死させたり、窒息死させたりします。
中国ではたびたび生きたまま毛皮をはがされている状況が明らかにされています。絶命するまで数分から数十分、まばたきをしたり、首をもたげたり、地面を這って逃げようする姿が、調査映像で明らかにされています。この状態は今も変わっていません。
動物たちは、想像を絶する苦しみを味わい続けています。

 

人も環境も苦しめています。


毛皮の加工には、発がん性の高い六価クロムやホルムアルデヒドなど強い薬剤が使われます。加工を行う中国の村ではこれらの薬剤が流れ出て、川や地下水、土地を汚染します。その地域では癌になる人が多く、中国のがんの村の腫瘍原因の一つが毛皮や革のなめし産業です。癌の村では子供も癌で死亡し、多くの人が50歳まで生きることができません。
生態系も破壊します。日本でもアメリカミンクやヌートリアが毛皮農場から逃げ出し、日本固有の生態系を破壊。それを理由に今もたくさんのミンクやヌートリアが殺され続けています。
さらに、1kgのミンクファーは、ポリエステル繊維1kgより地球温暖化ガスを28倍多く排出します*。
毛皮は、動物も、人も、地球環境も傷つけるのです。

 

ヨーロッパが締め出した毛皮と毛皮農場は、アジアにやってきます。


ヨーロッパでは10の国が毛皮農場を禁止しています。しかし、それらの国の毛皮産業は中国に進出し、今も動物を苦しめ続けています。消費国は中国、韓国、ロシア、そして日本などです。


日本から、毛皮による動物たちの犠牲をなくしましょう。

 

そしてアジアから、世界から、毛皮による動物たちの犠牲をなくしましょう!

 

毛皮を使わないという選択は簡単です。私達は動物を苦しめなくても、おしゃれを十分に楽しむことができます。

ご賛同、よろしくお願いいたします!

 

毛皮についての詳細は、http://www.no-fur.orgをごらんください。

 

 

********

 

 

犬や猫も犠牲になっています。

知らない間に、身に纏ったり、身に付けたりすることのないように、毛皮製品は買わないようにしましょう。

 

 

グッチ、アンゴラを使わないと決めた。リアルファー使用廃止の一環で!

JUGEMテーマ:ファッション



2018年春夏シーズンから飼育・野生を問わず、ミンク、フォックス、ラビット、カラクール、ラクーン、カンガルーを使用しないと発表していたが、これにアンゴラが加わった。

アンゴラは毛皮ではなく、アンゴラウサギの毛を刈り取って使用する獣毛素材の一種だが、動物愛護団体の「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称:PETA)」によるとアンゴラの90%が中国産だという。「中国は動物虐待に関する罰則や、動物に対する適切な対応を促す規則が整備されていない国。セーターを買ってアンゴラが含まれていたら、原産国がどこと書いてあってもアンゴラは中国産であることが大半だ」と主張する。

アンゴラの使用を廃止しているのは「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」などを含む330ブランドにおよぶという。



◇ ◇ ◇




毛皮(リアルファー)を着るのが恥ずかしい時代になってきました。デザイナーもフェイクファーにシフトしています。これからの時代は、衣食住に関して、「動物を苦しめない」倫理的な選択がますます求められていくことでしょう。


ノルウェーは、「毛皮産業廃止」を本気で願っている!

JUGEMテーマ:ファッション

Hvit mink med øyeskade

ノルウェーでは毎年、毛皮産業廃止を訴えるデモが開催されます。8000人規模のデモで、あらゆる立場の人が集い、毛皮のために檻に入れて飼育され殺される動物を無くそうと声を上げています。

(昨年のデモ内容から抜粋)

「ファーがなくても、暖かいおしゃれはできる」毛皮産業廃止や輸入禁止を求める声が高まるノルウェー

◇毛皮産業の農民に政府が補助金

動物愛護団体NOAHによると、ノルウェーでは毎年80万匹もの動物が、狭い檻(おり)の中で暮らした後、毛皮となるために殺処分されている。毛皮産業は70年代に最高潮を迎えるが、90年代から反対運動が始まる。養殖産業は減少の一途をたどるが、今でも国内には2015年の時点で277の業者・農家が残る。

小国ノルウェーは、農民文化が今でも尊重される国で、石油・ガス資源で裕福となってからも、政府が手厚く農家を保護する。 豊かなオイルマネーや国民の税金は、農家たちに平等に補助金として充てられる。毛皮産業も政府から補助金を受けるが、疑問視する声は強い。

特徴的なのは、国営放送局も毛皮産業においては批判的な立場をとっていることだ。 2014年12月には、「毛皮」という衝撃的なドキュメンタリー番組を放送。ノルウェーの業者の檻の中で、流血している動物の姿にショックを覚えた人が続出した。農家が「悪者」に見える一方的な構成だったため、「偏向報道だ」と農家からクレームを浴び、放送倫理委員会に審議にかけられたほどだ。 今年の10月、国営放送局は今でも現状が改善されていない農家の様子を報道。

ノルウェーでは、毎年政府が発表する政策案に進展があるかが期待される。10月にヨン・ゲオルグ・ダーレ農業・食糧大臣(進歩党)が発表したものは、檻のサイズなどは厳しいルールを設けるが、産業廃止はしないというものだった。


◇毎年恒例の「毛皮産業反対デモ」

その後、11月12日に、国内の26都市で、毎年恒例のデモ行進が開催された。今年は全国で8000人以上が参加と、主催者のNOAHは発表した。 首都オスロでは、政治家や芸能人たちが、産業廃止を決断しきれない与党を国会議事堂前で批判した。

オスロ警察のリーダーであったハンネ・クリスティン・ローデ氏は、「政府は毛皮産業が国内に存在する現状を、受け入れ続けるべきではない」。
「政治家に訴えるだけではなく、私たちにもできることがあります。私は、毛皮がついている衣服を買うことをやめました。それは、皆さんにもできることです。お店に行って、“私は毛皮がついている服、カバン、靴を買いたくはありません”と店員に直接言うことができます。“毛皮がついている服を買わないで”と、周囲の人々にお願いすることができます。私たちが買うことをやめたら、動物が檻の中にいる必要はなくなるのです。これは政府を批判する以外に私たちにもできる、消費者の力です」。


◇ファッション業界の人は、現実を聞きたくない、見たくない

国内外でファッション業界や雑誌で活躍するハンネリー・ムスタパータ氏。
「ファッションの現場裏は、毛皮・毛皮・毛皮です。業界の人は、動物に何が起こっているか、写真を見たくないのです。何も聞きたくないのです。私にできることは、この業界を少しずつ変えていくこと。毛皮の使用を禁止するファッションブランドもでてきました。ノルウェーのファッションブランドやデザイナーが、毛皮を使いたがらないことを誇りに思います。それなのに、国内に毛皮産業があることは恥ずべきことです」。

オスロ副市長(労働党)もスピーチに駆け付けた。「“服が必要だ、重要な労働市場だ”と言い張る人たちがいます。その人たちに、私はこういいます。“何を言っているの?”と。ノルウェーは天気においては、確かに暖かい国ではありません。それでも、毛皮以外の寒さに対する解決策はあるでしょう!檻を空っぽに!!」。


Rev i nettingbur


◇「ノルウェーは毛皮産業でお金儲けしている」

ハイキ・ホルモス左派社会党の副党首、国会議員。
お金よりも、もっと大事な価値観があります。毛皮は動物たちに着せたままでいましょう。ノルウェーは毛皮産業で稼いでいます。こう主張する人がいます。ノルウェーがしなければ、ほかの国がすると。ノルウェーの環境問題への取り組み、石油・ガス産業の依存、他国への武器輸出、男女平等に関する議論もそうです。ノルウェーがしなければ、ほかの人がすると。これは馬鹿げた言い分です。お金よりも、大事なものがあります。みなさんは、そうは思いませんか?私たちはどのような社会にしたいのでしょう?アメリカにはこんなことを言う大統領が現れました。“女性はやらせてくれるんだ。プッシー(女性器を指す俗語)をつかんでね”。トランプができるなら、僕たちもやっていいじゃないかと、男のたちが女の子たちに同じことをするかもしれません。悪影響が広まります。ノルウェーは、この極右の波に逆らうことができるはずです。まずは、毛皮産業とお別れをしましょう」。



https://www.facebook.com/oikeuttaelaimille/

◇大人気ブロガー「毛皮産業なんていらない!」

ソフィーエ・エリーセ・イーサクセン氏は、ノルウェーのネット界ではもはや女王的な存在となっている人気ブロガーだ。「今年のブロガー」にも選ばれた21才で、その発言の影響力は大手メディアに匹敵する。 「11才の頃に、母親が現実をみてほしいと、毛皮産業所に私を連れて行きました。それ以来、私はずっと闘い続けています。でも、それから、何も変わっていない。それが悔しい。私たちのように声があげられないだけで、動物は檻に入れられて、虐待されている。政府は何をしているの?毛皮産業を後押しするなんて、どういうことですか?お金にばかりこだわって。必要なのは、檻のサイズを指示する厳しい規則なんかじゃない!毛皮産業なんていらない!」。


Mink i nettingbur


◇「毛皮産業のしていることは、違法」

「動物を檻にいれている毛皮産業は、ノルウェーの法律に違反していると我々は考えている。ノルウェーらしくないので、この国からなくなるべきものです」と、語る緑の環境党党首 ラスムス・ハンソン氏。

女優・音楽家 ヴィクトリア・ヴィンゲ氏。
「感情的な言葉遣いになってしまいますが、失礼。政治家はふざけているのかしら?権力やお金にしがみついた人たち。資本主義者ね!アメリカ大統領といい、なんだか絶望的!ノルウェーでは、15%の人しか、毛皮産業を求めていないんでしょう? 計算してみて! 私たち反対する者の声が反映されていない状況は、民主的だといえるのかしら! 毛皮産業は違法!違法!違法だーーーーーーーーー!!!!!」。


〜一部抜粋 ここまで





Revevalper i pelsdyroppdrett

檻に入れられて飼育され殺される動物は、毛皮動物だけではありません。肉食に利用される動物も同じような環境に置かれ、苦しんでいます。家畜動物だけではなく、動物実験、ペットの繁殖など、人間に利用される動物たちは残酷な扱いを受けています。

まずは、毛皮に関心を。そして、あらゆる動物利用・消費に疑問を持って下さい。現実を知ったら、かれらの苦しみを無くす選択をしてください。かれらを私たちの「消費者の力」で救う選択をしてください。そう、動物製品を消費せず、それに替わるもので、食卓や生活を満たしましょう。一人ひとりの選択が、社会を変えていく力を持っています。


ノルウェーで毛皮産業廃止を訴えるデモ行進!8000人以上が参加

JUGEMテーマ:ファッション

Revevalper i bur på pelsfarm

「ファーはファッションではない」動物虐待である毛皮産業の廃止を、ノルウェーでデモ行進

10/22(日) 7:02 21日〜一部転載

ノルウェーでは今年で14回目となる毛皮産業の廃止を求めるデモが各地でおこなわれた。

政府からの支援金で毛皮産業が続くノルウェーでは、毛皮ビジネスの廃止を求める声が強まっている。ノルウェーのデモは、欧州では最大規模ではないかとされている。
今年は首都オスロだけで4200人が参加。そのほかに30か所の自治体でも開催され、全国で8900人が足を運び、これまでで最高の参加人数となった。

中心部にある大通りを行進した後は、国会前で産業廃止を求めるスピーチがされた。
現地のファッション業界からは「Kjell Nordstrom」のデザイナーであるシェル・ノールストゥルム氏本人が登場。
ファーはファッションではなく、動物虐待。この行進に参加する政治家に言いたいことは、何も変わらない現状に私たちはうんざりしているということ。みんなで国会議員にメールをして、『政治家としての仕事ができていないよ』と伝えましょう」と話した。

ファッション業界や若い人たちの間では、もうファーは使われなくなってきています。政治家は、ばかばかしい毛皮産業とはお別れをするべき」とモデルのレア・メイヤー氏は訴えた。

作家であるウンニ・リンデル氏は、「毛皮産業は、言葉を話すことができない動物にとってのアウシュヴィッツ強制収容所。この産業の存在をサポートする人々は恥じるべきです」と非難。

キツネなどにも、犬と同じように檻の外で自由に走り回る権利があるべき。私の党に、政策を変えるように働きかけていきます。毛皮産業は、動物に無意味な苦痛を強いている」とレイルスタイン国会議員は話す。


鐙麻樹 | 北欧ノルウェー在住 ジャーナリスト&写真家


〜一部転載 ここまで




Rev i bur

人間は、恐怖の対象でしかありません。
毛皮産業廃止を願う市民の訴えは、当然のものです。人間が、動物を身勝手に残酷に扱い殺す理由はどこにもありません。




地球上にこのような地獄が存在することなく、美しく穏やかで平和に満ちた世界をみることができたら、どんなにか素晴らしいことでしょう。この地獄絵図は、私たちが「動物を消費しない」という行為でなくせます。


グッチの毛皮とりやめ、種類限定、6種のみ!

JUGEMテーマ:ファッション



グッチの「毛皮取りやめる」方針、6種のみ

グッチは動物保護団体の国際組織「FFA」に加盟。今後、良く使われてきたミンク、キツネ、ウサギ、アライグマ、カンガルー、カラクール(羊の一種)の毛皮を製品や広告に使わない。ただ、6種以外の毛皮を使う可能性はあり、皮革製品の商品化は続けます

グッチは、リアルファーの使用を制限した、というだけなのです。 しかし、化繊などを使った素材のフェイクファーが「エコファー」として人気で、「エシカル」な消費の考え方は広がりをみせています。


参考http://www.asahi.com/articles/ASKBF4DKZKBFUCVL00J.html




【※閲覧注意】

HELP STOP CHINA ANIMAL CRUELTY(署名)

毛皮の生産過程を知りましょう。 そして、すべての毛皮や革製品、ウール(毛)製品を、買わない・身に付けないという選択をしていきましょう。

動物製品の購入を拒んで、初めて殺戮が食い止められます。
動物製品に“NO”と言いましょう!


買わなければ、殺戮を止められるのです」



https://www.facebook.com/oikeuttaelaimille/