母豚の拘束飼育〜非人道的な「妊娠ストール」の撤廃を求める署名

JUGEMテーマ:食生活



母豚の拘束飼育「妊娠ストール」の撤廃を

署名はこちら!

写真は日本の養豚場で2017年に撮影されたものです。
これが何か、みなさんご存知ですか?
これは妊娠ストールといって、日本の養豚場で使用されている「母豚の檻」です。
子豚を産むために飼育されている母豚たちは、一頭一頭がこういった拘束状態で飼育されています。檻の幅は狭く、母豚たちは方向転換もできません。前後に一歩動けるかどうかというスペースしかありません。
母豚たちは、妊娠中の長期間にわたり、この妊娠ストールの中に閉じ込められます

豚はとても好奇心が旺盛な生き物です。本来なら一日中あちこち探索し地面を掘り返したり、木に体をこすりつけたりして、とても忙しい日々をおくります。きれい好きでトイレと食事の場所を必ず分けます。私たちと同じように仲間とコミュニケーションをとり、社会的な生活を営みます。しかしこの妊娠ストールの母豚たちはすべての自由を奪われています。長期にわたり拘束された母豚たちは苦悩し、この檻の中で目の前の鉄柵をかじり続ける、口の中にものが入っていないのに口を動かし続けるなどの異常行動を起こすことが知られています

私たち自身が、このような狭い檻の中に閉じ込められたとしたら、たった一日でも耐えらるでしょうか?

非人道的だ」という市民の声をうけて、EUではすでに妊娠ストールは禁止になっています。アメリカでも10の州で禁止が決まっています。南アフリカ共和国やカナダも廃止に向けて動いています。諸外国では多くの企業がこのストールの廃止を公表しています。
しかし日本における使用率はいまだ88.6%*です。
廃止しようという動きはなく、いまだに妊娠ストールの新設に国の補助金がおりているという状況です。

この署名は、妊娠ストールを使用した豚肉を扱う企業やスーパー、国や自治体の政策を司る機関へ、国民の意見として届けます。
署名へのご賛同をよろしくお願いします。
自ら声をあげず、ただじっと耐えている豚たちのために、「妊娠ストールを止めてほしい」という皆さんの声が必要です。
多くの人は実態を知らないだけで、日本人は決して動物への思いやりのない国民ではありません。日本人の85.5%**は母豚がこのような飼育をされていることを「知らない」と答えています。この署名をシェアして、一人でも多くの人と、ぜひこの問題を共有してください。


妊娠ストール廃止キャンペーンサイト
http://www.arcj.org/savemotherpig/

妊娠ストール動画・写真(日本)
http://www.hopeforanimals.org/animals/buta/00/id=389

*2014年畜産技術協会 飼養実態アンケート調査報告書
http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html

**2017年畜産動物に関する認知度調査
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=526

〜署名内容 ここまで






食料とするための大量殺戮、これは無意味な殺生です。
家畜動物たちは生命の尊厳を奪われ、苦しみや痛みに耐えています。残酷で無益な殺生は終わりにしましょう。


2014日本の養豚場(妊娠豚檻)

全く身動きのとれないケージで一生を過ごし、子豚は病弱で成長しないものは頭をコンクリートに叩かれ投げ捨て殺される、これが日常風景となっているような醜悪な環境が存在している人間社会は、暗闇に閉ざされた地獄のようなものです。


日本の妊娠ストールの写真


経営者も疑問!「霜降りA5肉至上主義」は和牛虐待?霜降り肉にさよならを

JUGEMテーマ:食生活




霜降り肉は残酷に作られる

一般に広がる「霜降り肉A5至上主義」に疑問を感じる経営者が増えています。
霜降り肉を重視した日本では、脂身をいかに増やすかで日本中の生産者がしのぎを削ってきました。その結果、1980年代には30%が脂肪だと高級肉だったのが、いまや70%です。脂肪の甘さや軟らかさをとことん追求した結果、和牛をこんな身体に仕立て上げているのです。

脂肪細胞の増殖を抑えるビタミンAをあえて制限しビタミン不足にし、失明や関節炎などの病気になる牛もいます。生産者も承知しています。「牛を不健康に育てている」と。当たりまえです。脂肪が70%!虐待です!!メタボな高齢者と形容される和牛を、おいしい、高級だとありがたがって食べることに、どうか疑問をもってください。牛はとっても苦しんでいます。自分の身に置き換えたら、わかることです。


肉用牛の飼育は廃業〜牛を生かす人々

肉用牛の飼育は廃業 心通わせた末の決断


https://youtu.be/CJ-r6ifkMiY

〜転載〜

英中部ダービシャーの菜食主義の農場経営者が6月、牛を殺すのがこれ以上耐えられないと、肉用牛農家を廃業した。食肉用に飼育していた牛63頭は、東部ノーフォークの動物保護施設に託した。

ジェイ・ワイルドさん(59)は25年来の菜食主義者。2011年に父親が亡くなったのを機に、農場を引き継いだ。

「牛は記憶力がいいし、多彩な感情の持ち主だ。他者との関係性を築くし、泣くのを見たことさえある」とワイルドさん。

「最善を尽くして面倒をみた末に、おそらく恐ろしい死に方が待ち受ける食肉処理施設に送り出すのは、とても辛かった」

ノーフォーク・フレッテナム近くのヒルサイド動物サンクチュアリによると、引き取った牛のうち30頭が妊娠していた。どの牛も「ペットとして寿命をまっとうする」ことになるという。

保護施設を立ち上げたウェンディ・バレンタインさんは、自分の家畜を寄付する農家はワイルドさんに限らないと話す。

「酪農農家を続けることが耐えがたく、サンクチュアリの支援を受けて牛をペットとして飼い続けた」カップルもいたという。

ワイルドさんは農場を相続した際に、酪農から有機肉用牛の飼育に転換したが、「動物を食べるのが正しいこととは思えない」ため、常に畜産業から手を引きたかったと話す。

酪農の場合は、牛の母子を引き離すのが牛にとって残酷なストレスになるはずで特に辛いとワイルドさんは言う。
「畜産業をやめる決断をしてホッとしている。ずっと心の負担になっていたので」

市場で売れば4万ポンド(約600万円)にはなる牛を寄付してしまうなど、「まったく狂ってる」とワイルドさんは親類に言われたという。

もっと早く畜産から耕作農業に転換しなかったのは、「想像力の欠如のせい」だというワイルドさんは、有機野菜農場に切り替える方針だ。


(英語記事 Vegetarian beef farmer gives herd to animal sanctuary


英:鶏の虐待で養鶏場が運営停止に

JUGEMテーマ:グルメ


https://www.facebook.com/CCTVForALLSlaughterhouse/

ダイヤ【映像】ニワトリ虐待の実態が明るみに 英の養鶏業者が運営停止

動物愛護団体「アニマル・イクアリティ」が数か月にわたって撮影した動画により、欧州の大手小売店やスーパー、レストランチェーンなどに食材の鶏肉を提供する英の養鶏業者がニワトリを虐待する実態が明るみにでました。

ヒヨコやニワトリの首を折ったり、死んだニワトリをゴミ箱に捨てるなどしたイギリスの農場は、運営停止命令を受けました。


**********

※【閲覧注意】の場面が含まれています


動物保護活動家ロリー・バウストンによれば、あらゆる「食料動物」の中でもっとも非人間的な扱いを受けているのは、現代的な施設で飼われている鶏だという。こうした施設についてはほとんど知られていないため、鶏やブロイラーの実態は、ほぼ完全に闇の中だ。

10万羽の鶏を詰め込んだ現代的な鶏舎では、監禁や過密飼育が続き、鶏たちがこうした環境の中で倒れていくのは日常茶飯事です。弱っていても手当してもらえず、鶏たちは通常、ケージから引き抜いて床に放置されます。そのまま衰弱や渇きによって死んでいくのです。こうした虐待が常態化しているのは、鶏卵業界全体であるといえるかもしれません。


<参考文献>
エリック・マーカス著『もう肉も卵も牛乳もいらない!』


自分がされたくないことを他者に強要することは・・・

JUGEMテーマ:食生活



いきなりで衝撃的かもしれませんが、人間が普通に食しているお肉や牛乳。その生産現場で実際に生産されているのが、牛や豚や乳牛じゃなくて、もし人間だったらと、想像してみたら…










ニコラウス・ゲイハルター監督の『いのちの食べかた』の映画を劇場で見て、一番印象に残っている、とても辛い映像です。





ダイヤ地球のためにヴィーガンになろう―イギリス政府機関
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?xml=/earth/2007/05/30/eavegan30.xml

(以下、ヘルプアニマルズ翻訳)

政府機関によると、肉の消費を減らせば、地球温暖化の問題解決の助力となる。ヴィーガンの食事に切り替えれば、一人一人が環境に与える負荷を大幅に減らすことになる。

環境庁からベジタリアングループに漏洩したメールには、当局は、乳製品や魚をも食べないヴィーガン食の利点に共感を示している。環境庁はまた、イギリス環境食料農村地域省(DEFRA) が”環境配慮行動の重要な鍵を握る”ものとして、肉食を減らすことを推奨することを検討中であるとも言っている。また、このヴィーガン食への意識転換は、国民の批判にさらされないように穏やかに誘導されなければならないとも言っている。

環境大臣であるディビッド・ミリバンド氏は、畜産動物の問題を提起し、畜産動物は排出する温室化ガス、メタンにより非難されており、農業経営者に対し、この問題をどうにかしなくてはならない、と伝えている。しかし今回の公になった環境庁の回答は公式通知よりずっと先を行くものだった。

すぐに全国農民組合から単純化しすぎた回答だと反応があった。環境庁当局者は、ヴィーガン団体VIVAからのメールに対して回答したものだった。
Vivaは、土地を、乳牛や殺して肉にする畜産動物に飼養のために使うのではなく、直接人間が食べる農作物を作るために使えばもっと効率的だと主張している。 この団体はまた、ヴィーガン食への転換により、車や飛行機にのるのをやめることより、もっと大きな影響を環境に与えることが可能なのに、世界環境デーで、このメッセージを伝えないのはなぜか?としている。

これに対し、当局は、ヴィーガンライフスタイルが地球温暖化に及ぼす影響は多大である。 しかし、いきなりヴィーガンになりましょうという大きなライフスタイルの転換をせまる呼びかけに対しては、ほんの少数の人しか従わないであろう。

イギリス環境食料農村地域省(DEFRA)が地球温暖化問題対策の重要な一つのキーとして、環境行動の変化を促すことに取り組んでいることは興味深い。

環境庁が、完全にヴィーガンなライフスタイルを国民によびかけることはなさそうだ。しかし、動物性食物の消費を考えることを促すことは重要なメッセージになりそうだ。
Vivaのジュリエット・ギャラットレーは言う。”政府機関がベジタリアンもしくはヴィーガンになることが、環境にとって大きなプラスの影響があると考えていることは意外だった。まだ現時点ではその点についてきちんと意見を言わないまでも。

イギリス環境食料農村地域省(DEFRA)のスポークスマンによると、”政府は、国民に肉をやめるとは言っていません。食事やライフスタイルを変えるよう国民に強く主張することは、政府の任務ではありません”。


ヘルプアニマルズより
http://helpanimals.seesaa.net/article/43640296.html