母の日に、考えてほしい。引き離される親子のことを。

0

    JUGEMテーマ:家庭

    産んですぐに、引き離される親子の苦しみを、考えたことありますか?





    私たち人間の食卓にのぼる動物たち。
    人間と同じように妊娠し出産していますが、産んだ子をひと目みることも許されなかったり、すぐに子を奪われて、悲しみの渦の中にいます。


    産んですぐ子を奪われる母牛と、母親からの初乳も飲むことを許されず、母牛から引き離される子牛の悲しみや苦しみを、考えたことがありますか?

    これでは、ただ産む機械のように扱われているのと同じです。
    肉を食べ牛乳を飲む人は、こうした現実に目をつむることはできません。



    https://www.facebook.com/WeAnimals

    母牛は、苦悩と苦痛に耐えています!!

    動物は、子どもを失った時、ひどく悲しんだりするのでしょうか?
    子どもを失った時の悲しみは、人でも動物でも同じです。


    牛は、人が抱く感情のほとんどをもっていると言われ、子牛の姿が見えなくなると不安にかられます。
    雌牛は、子どもを脅かすどんな動物にも立ち向かっていくため、雌牛は「あらゆる生物のなかで、わが子を守ろうとする気持ちがもっとも強い」と言われています。

    子牛を失った母牛がその事実を受け入れられず、1ヶ月にわたって、子どもを産んだ場所に行っては、わが子の姿を探し、呼び続けることだってあります。
    母性は、決して消えません。





    自然のなかで何かが起きて、雌牛が子どもを失ったり、母子が離ればなれになったりすることはめったにありません。ほとんどが、人為的なものです。
    酪農家は、出産後すぐに母牛と子牛をひき離します。そうしないと、子牛が乳を飲んでしまうからです。乳の味を知ったら、それを欲しがるからです。

    本来、雌牛の乳は子牛のものです。しかし、乳(牛乳)を飲むのは人間であり、子牛の口には一滴たりとも入りません。

    雌牛が見せるわが子への愛情の深さに、深く心を打たれる酪農家も少なくないといいます。しかし、母牛が子どもを思う気持ちはどんなに深くても、酪農家は力ずくで母子を引き離しています。





    わが子を取り上げられた母牛のなかには、少なくとも6週間にわたって嘆き悲しむものもいます。
    子牛が連れ去られると、母牛はすっかりうちのめされた様子で畜舎の外に向かい、わが子を最後に見た場所で、何時間も子どもを呼び続けることもあります。
    力ずくで動かさないかぎり、彼女はその場を離れようとはせず、6週間が過ぎても、母牛はわが子と別れた場所を見つめ、ときには畜舎の外でしばらく待っているのです。

    酪農家でさえ、母子が一緒にいた時間が長いほど、別離のときの母牛の悲しみが深くなることを知っています。それもあって、業者は出産とほぼ同時に母子を引き離します。そばにいるほど、愛情が深まるからです。

    牛の母子の絆の深さを知ったら、とうてい子牛肉や牛乳を口にできないのではないでしょうか。







    牛がこの地球に存在するのは、私たちに肉や牛乳を提供するためではありません。

    引き離された母子牛は、どちらも悲しみの限り鳴き続けます。

    人間が肉や乳製品を食べ、牛乳を飲むことで、母子牛の苦しみを作り出しています。
    私たちの消費ひとつで、こうした母子牛に苦しみを延々に与え続けることになります。

    動物の殺戮と暴力と搾取に加担しない生き方は、個人でできることですが、その道徳的、政治的影響は計り知れません。
    このまま動物の殺害に関与し続けるかどうかの決断は、一人ひとりに委ねられています。


    どうか、この苦しみを終わらせる選択を、母の日に、考えてみてください。
    こんな残酷な仕打ちを受け、嘆き苦しんでいる母親の姿を、どうか考えてみてください。


    A Mother's Love

    https://youtu.be/aaqR9V4XkXA








    ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 18:47 * - * -

    ホリエモン VS ヴィーガン男子!

    0

      JUGEMテーマ:健康


      ホリエモンは「ヴィーガンはまじで健康に悪い」「徹底的に潰します」とヴィーガンに宣戦布告し、その炎上が全国で話題になりました。しかし、彼の発言は根拠のない意見と悪口に過ぎません。菜食のメリットは、科学的な事実です。
      https://ja-jp.facebook.com/vegandanshiofficial/




      ホリエモンがツイッタ―上でヴィーガンをコケにした話題から10日ほど経ちましたが…。
      ヴィーガン男子のダンテさんが、すばらしい動画を作って公開してくれています!

      まずは、ぜひ見てみて!!!








      ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 09:36 * - * -

      クリスマス、年末年始は「動物たちの世界」に思いやりを♪

      0

        JUGEMテーマ:つぶやき。

         


        ぜひ、このクリスマスのメロディーを聴いてください。
        ↓  ↓  ↓


        http://youtu.be/Nbh27lIOf_o


        ◆動物たちの感情世界

        動物たちの多くは、高度の知的能力や感覚能力、そして人間にも劣らない豊かな感情世界を持っている。

        彼らは、悲しみ、喜び、幸福、共感、思いやり、連帯感、苦悩、それに怒りや狼狽、感動など、さまざまな感情を抱いており、それらを様々に経験している。

        動物たちが豊かな感情を抱いていることは不思議でも何でもない。というのも、動物と人間は、大脳の辺縁系に同じ部位を持っていて、この部位は感情生活に重要な役割を果たしている。



        動物が苦痛や痛みを感じることは疑いの余地がない。私たちは今、動物たちの心の中で起こっていることの全てを知ることは不可能だとしても、自分たちが思っている以上に、多くの動物が、激しい感情や苦痛を経験しているということを知っている。

        実は、全てのほ乳類は共通の神経管や神経物質を持っており、その働きには、感情的な営みが関わっていることが、研究で分かっている。だから私たちは、動物たちにとっての苦しみの現実が、私たちが感じるそれとは別物であるのだと思うふりをすることを止めなければならない。痛みの感じ方は種ごとに違うかもしれないが、彼らは身体的・精神的な苦痛をさまざまな方法で伝えるし、それは、ほかの動物と暮らしている人なら、誰もが知っていることではないだろうか。


        動物は、感情と思考を持った主体的な存在であり、敬意と配慮をはらうに値する。動物の感情について知っていることをどういかすのか。それを考えることによって、私たちは動物たちの世界に、残酷さではなく、思いやりを与えることができるはずだ。



        https://www.facebook.com/EVOLVECampaigns
         







        ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 20:52 * - * -

        時代は菜食へ〜『SAMSARA』食肉の作られ方の実態を記録したドキュメンタリー

        0

          JUGEMテーマ:食生活




          肉食は生命と資源の無駄使い

          どんな命でも生命は、他者と深くつながっています。それらの生命と自己を切り離して考えることはできません。
          生命が軽んじられる傾向にある現代で、生命の尊重を再確認しなければならない時期がきているのだと思わずにはいられません。

          肉食は、それに利用される動物の苦しみ・虐待問題だけにとどまらず、人間をも虐待し飢餓に追いやっているという事実から目を背けるべきではありません。大地の恵みを公平に分配せず、一部の人間に独占させ、その結果多くの人々を苦しめることになっているのです。

          先進国の多くの人々は、有り余るほどの贅沢な食事をし、食べきれずに残して捨てるということを平気でしています。贅沢三昧の食生活は、肥満や生活習慣病を招き、病気になって苦しむという結果を引き起こします。
          そうした現実の一方で、毎日の食事にさえありつけない、骨と皮だけになって飢えて死んでいく多くの子どもたちがいます。その矛盾に、平気でいられる人はいないはずです。




          菜食の利点は、健康面だけに限ることはできません。菜食は、すべての生命を尊ぶ愛の実践につながります。そのことによって人間が健康になり社会も幸せになる。そうなれば、世界に平和が達成されるという、自己の肉体の利益のみの観点で推し量られるものではありません。

          私たちは今こそ、肉食をやめて、大地の恵みを食料とすべきなのではないでしょうか。
          そうした未来に突き進む勇気を、私たち(とりわけ、肉食・飽食をしている先進国に住む人達)が率先して持つべきなのでは、と思います。




          少なくとも、人間がこんなにも環境や人間自身に、そして当の動物たちに多大なダメージを与え続けるべきではない、そう思います。


          ****************



          ドキュメンタリー映画「SAMSARA」は、フィルムメーカーのディレクターRon FrickeとプロデューサーMark Magidsonが、5年以上の歳月をかけて25ヵ国を渡り撮影した。そこに映し出されたものは、圧倒的な美しい映像詩として紡がれており台詞は一切ない。


          スーパーに並ぶ食肉がどう作られているのか現場の実態を淡々と記録したムービー
          http://gigazine.net/news/20141002-samsara-food-sequence/








          ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 12:52 * - * -

          卵と乳製品を使わない洋菓子店「Porin」

          0

            JUGEMテーマ:気になったニュース

            <卵と乳製品を使わない洋菓子店のご紹介>

            卵と乳製品を使わない洋菓子店。北海道・千歳市の「Porin」

            2016年8月に千歳市にオープンした「Porin」。素材もこだわりぬいて探し出した安心なものだけを使用。卵・乳製品を使わなくても、こってり感とコクのある、体にやさしいスイーツです。 北海道産の小麦粉「ドルチェ」や、豆やじゃがいもなどもふんだんに使用したケーキは、多くの人に喜ばれそうです。

            卵と乳製品を使わないスイーツというと、卵・乳製品アレルギーの人向けという概念が、日本ではまだまだありますが、それでも動物製品を少しでも減らしたいという方には、とってもありがたい存在です。

            ※卵・乳製品を使わないスイーツには、お店によりゼラチンが使われていることもありますので、ヴィーガンの方は購入される際には確認が必要です。


            テイクアウト専門「卵と乳製品を使わない洋菓子店Porin」





            https://www.facebook.com/artforvegan

            この地球上で、虐待され殺される動物の98%は、食肉産業、乳業、鶏卵産業によって殺されている」と言われています。 

            動物性食品の生産はビジネスです。動物性食品で儲ける業界は、肉やチーズ、ミルク、卵を食べる社会を作り上げています。しかし、人間にとって普通で自然なことは、「大地から生まれるものを食べること」です。「道徳、良識、動物たちへの思いやり」を思い出しましょう。 そして、食卓で動物製品を減らす選択を、少しずつでも始めてみましょう。








            ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 07:45 * - * -

            フェイク祐三さんのもどき料理☆ニンゲン観察モニタリング

            0

              JUGEMテーマ:食生活


              鶏肉⇒焼き豆腐で代用可♪

              昨日、「フェイク祐三が作る激安フェイク料理」の放映を見てみました。グッチ祐三さんが作られるのですね。

              ☆グッチ裕三さんのフェイク料理レシピ
              http://www.tbs.co.jp/monitoring-golden/fake/

              高野豆腐を使ったカツサンドでは、ラードとポークコンソメ、バター、生クリームが、焼き豆腐を使ったバンバンジーでは、鶏がらスープの素が使われるなど、動物性不使用のレシピではありませんが、まずは動物の肉そのものを使うことをやめてヘルシーな料理に仕上げたい、と思われる方はレシピを参考にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。



              豚肉⇒高野豆腐で代用可♪

              「今まで食べた中で一番おいしい」と言う人も続出してました(テレビでは)!
              しかも、材料費がとっても安くなり家計も助かります。フェイク料理といって敬遠するのはもったいないですね。








              ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 23:01 * - * -

              目覚めの時がやってきた!

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                ☆目覚めの時がやってきた☆



                エリック・マーカス 著『もう肉も卵も乳製品もいらない!』より抜粋

                ↓  ↓ ↓

                球場で食べるホットドッグから感謝祭の七面鳥まで、米国の国民食は長らく肉類を中心にしてきた。しかし今や、多くの人々がヴェジタリアンに転向している。この10年というもの、それまでずっと肉を食べてきた人々が、これからは牛も豚も七面鳥も鶏も魚も野禽も家禽も、動物はいっさい食べるものかと決心をしてきた。ヴィーガンになった人々―食事から肉類だけでなく、牛乳や卵など一―切の動物性食品を排除した人々――も多い。

                なぜ菜食への興味がつのっているのか?健康でいたいから、あるいは地球とその住人に対する思慮から、と理由は人によってさまざまだ。理由が何であれ、これが理に適った食事法だと気づく人々の数は増えているし、今日ではとりわけそうだ。この10年、ヴェジタリアン食、なかでもヴィーガン食は、それまで考えられていたよりもずっと報いが大きいことがわかってきた。

                なぜ食べ物を変えることがごく簡単なのか、それでいて重要なのか。

                現代的な精肉産業や動物性食品産業の現状は、多くの点で、完全な植物性の食事に転換するためのもっとも強い動機付けになるものだ。動物にも一定の同情がなされるべきであるのは否定できない。それなのにこれまでの20年間、動物の飼育と解体の技術は非人間的になるばかりだ。現代的な「工場農法」(あたかも工場のような集中・監禁システムによる畜産農場)では、多くの動物は一生、土も太陽の光も見ることはできないのである。動物たちは過密なカゴに閉じ込められ、コンベアベルトと人工灯に囲まれて生涯を過ごす。

                食肉生産には、さらに懸念がつきまとう。世界の食料供給に及ぼす影響である。人口が増加するにしたがって、膨大な食料資源を家畜のために使う余裕はますますなくなっている。植物性食品中心の食事をすることによって、科学者たちが警告している世界的食料不足を抑止するために自分なりに貢献できるのだ。 食品選択は環境にも影響している。繊細な放牧地の破壊、水質汚染、そして野生動物の絶滅などは、肉牛飼育の「副作用」の一部である。

                私たちの文化では、肉食は根強い伝統を持っている。さらに食肉、乳製品、鶏卵業界は、この伝統が続くことに大きな利害を託している。現状を維持するために、彼らは膨大な財政資源、専門家たち、そして巧みな広告やキャンペーンなどにものをいわせている。しかしそんな強みにもかかわらず、これらの産業には疑問が寄せられている。どうしてか?動物を食べることへの反対には、あらゆる点で強い説得力があるからである。事実がヴィーガンをこれほど強く支持している以上、誇張など用無しだ。そしてここに次のように宣言する。

                ヴィーガニズムは、私たちの身体的ニーズ、深い思いやり、地球上で生き延びていく力ともっと調和する生き方である。植物性食品中心の食事法への移行は思うよりもずっと簡単で、より優しく、健康で、幸福な生き方への扉を開いてくれる。










                ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 13:09 * - * -

                「私は動物を食べない」☆小さな女の子のメッセージ

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                  「ベジタリアン べグブロ」さんが日本語字幕をつけられた動画をご紹介します!

                  天使☆「私はもう動物を食べない」とママにうったえる小さな女の子
                  http://ameblo.jp/vegblog/entry-12229880394.html



                  https://youtu.be/TI13hv_iY3o




                  イングリッド・ニューカーク著:『子どもたちが動物を救う101の方法』より
                  ↓  ↓  ↓
                  トリ肉はいらない

                  ぼくは9歳のとき、トリ肉をたべるのをやめた。だって、ヘンリーがぼくのごはんのおかずになるより、生きていてほしいから――――ガブリエル・マーティン(13歳







                  世界中で、ベジ―・マンデー(週に一日は菜食の日)が広がっていますが、ポール・マッカートニーは、「特に月曜日、お肉を抜いて菜食にしよう」という「ミート・フリー・マンデー」を提唱しています。


                  ※Meat Free Monday
                  週に一日お肉をやめよう(アニマルライツセンター)
                  http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/








                  ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 08:55 * - * -

                  3歳の男の子が世界を感動させた動画!

                  0

                    JUGEMテーマ:ペット

                    ☆小さな男の子に「動物とは何か」を教わる!!!

                    https://youtu.be/whwb8WG0Jtk

                    「動物を食べるんじゃなくて、僕らが面倒みてあげなきゃ」ママを感動させた男の子の言葉

                    2分30秒弱の短い時間で「動物とは何か」だけではなく、「動物を食べること」や「人間の動物に対する姿勢」も教えてくれました!

                    感動して泣いているママ。
                    「ぼく何か良い事した?」 




                    以下、転載
                    ↓  ↓  ↓

                    ◆動画:菜食主義の3歳児が世界を感動させる
                    https://jp.globalvoices.org/2013/08/06/23915/

                    3歳の男の子、ルイス・アントニオ君がお母さんにどうしてタコのニョッキのランチを食べたくないのかを説明しているYouTubeの動画が、ネット上で最新の世界ヒットとなっている。

                    このブラジルの幼児は、肉を食べたくないと言い張っている。なぜなら、「動物を食べると彼らは死んでしまう」、そして「ぼくたちは動物たちを世話するべきで、食べるものではない」と説明して、動物たちが立って幸せに暮らしているのを見ているのが好きなのだと言っている。

                    2013年5月15日にYouTube上に公開されたオリジナルのポルトガル語版動画は、わずか2週間で約150万アクセスに達した。英語版は5月29日に公開され、わずか3日で90万回以上再生された。

                    菜食を選ぶのは国民の中でもごく一部であるこの国において、この動画はみるみる広まっていき、YouTubeやFacebookで菜食主義について熱い議論を引き起こすこととなった。カルロス・アウグスト・アンドラージはその理由をこう説明する。

                    この映像は昨日(2013年5月29日)Facebookで広まった。これは誰でもが、さまざまな人々と共有できるタイプの動画だよ。母親やおばさん、流行に敏感な友人たちや学生時代の知り合いとか…。それに、YouTubeやFacebook上でこの動画を菜食主義を論じるために利用してるグループもいる。だけど、これがすごく広まった理由は単に、子どもの可愛らしい動画だったからだって、僕たちにはわかる。その子は年齢のわりに珍しくおしゃべりがうまくて説得力があり、僕たち誰もが止まって考えに没頭するとは限らないようなことについて、深く考えているんだ。

                    「ヴェジェタリランゴ」(YouTubeのショー番組「手のかからないベジタリアン料理」)を管理している料理人のフラヴィオ・ジウスチが、自身のFacebookのページで「インターネットを通じすべての人を感動させた小さな男の子」というオマージュ画像を投稿している。このバナー単独で1,145回も共有された。

                    ルイス・アントニオ君の哲学はこうである。「ぼくたちが動物を食べると彼らは死んでしまうよ。ぼくはそんなの嫌なんだ。ぼくは動物たちが足で立って幸せにしているのが好きなんだ。彼らを世話しなくちゃいけないんだ。食べたらだめだよ」

                    この子の言い分の明快さに感化されて、肉無しの食生活を取り入れることに決めた人たちもいる。
                    ブロガーのヴィヴィアーニ・ザンドナジーが動画を共有した友人たちの多くもそうだ。フードライターの彼女は、自分の娘が同じような質問をするようになった時にどうすればいいのか悩んでいる。

                    どうしたら良いのか考えちゃうわ。自分の番が来た時、もしカタ(カタリーナという名の娘)が食物連鎖の論理に疑問を差し挟むことがあれば、私は何を言ったらいいのかわからない。ルイス・アントニオ君はわたしの考えを打ち負かしてくれたわ。

                    このビデオの最後で、ルイス・アントニオ君のお母さんが感動して涙を浮かべながら米とジャガイモだけを食べるように言っているシーンがある。ブログ「アセルト・デ・コンタス」に寄稿したギリェルメ・カルヴァーリョは、他の親たちも子供の感受性を大事にして、うそや短絡的な理屈に頼って子供の考えを変えさせようとするのはやめるよう願っている。

                    いよいよ、まさにこの2013年に、我が子が動物の肉を食べたがらないそぶりを見せても、同情の気持ちを抑えつけたりだましたりするのはやめるべき時が来たのだ。そのような、無私の、また同情心に満ちた態度に敬意を評し、大いに評価しよう。菜食主義の子供を持つことはそれほど困ったことではない。今日では、この選択(訳注:菜食主義)が健康にいいという可能性を示している文献は多方面にわたる。ルイス・アントニオ君のビデオはたくさんの人を感動させたが、希望も与えたのである。


                    【転載 ここまで】











                    ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 13:05 * - * -

                    お豆腐屋さんの厚揚げは、美味しいねっ♪

                    0
                      JUGEMテーマ:食生活



                      ホームセンターに行ったら、たまたま移動販売車でお豆腐を売りに来てました。
                      厚揚げと豆腐を買いましたよ!

                      豆乳は、売り切れてました。
                      人気が出てるのかな…!


                      煮物は大好き♪
                      煮汁も次の煮物などに何回も使って、最後にはカボチャの煮物を作って煮汁を使いきってます。

                      やわらかくて食べやすい厚揚げでした♪




                      https://www.facebook.com/supportmfm

                      今日は、ミートフリーマンデー(お肉を食べない月曜日)ですね〜!!

                      ポール・マッカートニーは、「特に月曜日、お肉を抜いて菜食にしよう」という「ミート・フリー・マンデー」を提唱しています。



                      ******************************

                      信じられない光景を目にすることがあります。

                      動物を一頭丸ごとシュレッダーにかけてしまうなんて…。

                      【閲覧注意】

                      http://www.liveleak.com/view?i=faa_1334605690


                      “人間は万物の霊長”などと勝手に間違った優越感を持ち、平気で他の動物を殺しています。
                      しかも、その残虐さは目を覆うばかりです。
                      動物の生命を奪っても許される権利があると思い込んでいます。



                      https://www.facebook.com/EVOLVECampaigns?group_id=0

                      しかし、人間と動物は「同じ地球の仲間」として協力し合って生きるのが本来の姿です。
                      人間が先に動物を愛すれば、動物は必ず人間に愛を返してくれるようになります。こうして地球上に愛の世界が拡大していくことになります。



                      https://www.facebook.com/mercyforanimals?fref=photo

                      現在行われている「動物虐待」と「肉食」をなくしていくことが、戦争や貧困・環境破壊・核兵器の問題、人権問題と同じように重要なことだと思います。


                       






                      ねこまる * ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 * 19:33 * comments(4) * -
                      このページの先頭へ