<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
母の日に、考えてほしい。引き離される親子のことを。

JUGEMテーマ:家庭

産んですぐに、引き離される親子の苦しみを、考えたことありますか?





私たち人間の食卓にのぼる動物たち。
人間と同じように妊娠し出産していますが、産んだ子をひと目みることも許されなかったり、すぐに子を奪われて、悲しみの渦の中にいます。


産んですぐ子を奪われる母牛と、母親からの初乳も飲むことを許されず、母牛から引き離される子牛の悲しみや苦しみを、考えたことがありますか?

これでは、ただ産む機械のように扱われているのと同じです。
肉を食べ牛乳を飲む人は、こうした現実に目をつむることはできません。



https://www.facebook.com/WeAnimals

母牛は、苦悩と苦痛に耐えています!!

動物は、子どもを失った時、ひどく悲しんだりするのでしょうか?
子どもを失った時の悲しみは、人でも動物でも同じです。


牛は、人が抱く感情のほとんどをもっていると言われ、子牛の姿が見えなくなると不安にかられます。
雌牛は、子どもを脅かすどんな動物にも立ち向かっていくため、雌牛は「あらゆる生物のなかで、わが子を守ろうとする気持ちがもっとも強い」と言われています。

子牛を失った母牛がその事実を受け入れられず、1ヶ月にわたって、子どもを産んだ場所に行っては、わが子の姿を探し、呼び続けることだってあります。
母性は、決して消えません。





自然のなかで何かが起きて、雌牛が子どもを失ったり、母子が離ればなれになったりすることはめったにありません。ほとんどが、人為的なものです。
酪農家は、出産後すぐに母牛と子牛をひき離します。そうしないと、子牛が乳を飲んでしまうからです。乳の味を知ったら、それを欲しがるからです。

本来、雌牛の乳は子牛のものです。しかし、乳(牛乳)を飲むのは人間であり、子牛の口には一滴たりとも入りません。

雌牛が見せるわが子への愛情の深さに、深く心を打たれる酪農家も少なくないといいます。しかし、母牛が子どもを思う気持ちはどんなに深くても、酪農家は力ずくで母子を引き離しています。





わが子を取り上げられた母牛のなかには、少なくとも6週間にわたって嘆き悲しむものもいます。
子牛が連れ去られると、母牛はすっかりうちのめされた様子で畜舎の外に向かい、わが子を最後に見た場所で、何時間も子どもを呼び続けることもあります。
力ずくで動かさないかぎり、彼女はその場を離れようとはせず、6週間が過ぎても、母牛はわが子と別れた場所を見つめ、ときには畜舎の外でしばらく待っているのです。

酪農家でさえ、母子が一緒にいた時間が長いほど、別離のときの母牛の悲しみが深くなることを知っています。それもあって、業者は出産とほぼ同時に母子を引き離します。そばにいるほど、愛情が深まるからです。

牛の母子の絆の深さを知ったら、とうてい子牛肉や牛乳を口にできないのではないでしょうか。







牛がこの地球に存在するのは、私たちに肉や牛乳を提供するためではありません。

引き離された母子牛は、どちらも悲しみの限り鳴き続けます。

人間が肉や乳製品を食べ、牛乳を飲むことで、母子牛の苦しみを作り出しています。
私たちの消費ひとつで、こうした母子牛に苦しみを延々に与え続けることになります。

動物の殺戮と暴力と搾取に加担しない生き方は、個人でできることですが、その道徳的、政治的影響は計り知れません。
このまま動物の殺害に関与し続けるかどうかの決断は、一人ひとりに委ねられています。


どうか、この苦しみを終わらせる選択を、母の日に、考えてみてください。
こんな残酷な仕打ちを受け、嘆き苦しんでいる母親の姿を、どうか考えてみてください。


A Mother's Love

https://youtu.be/aaqR9V4XkXA


ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 / 2018.05.13 Sunday 18:47 | 
ホリエモン VS ヴィーガン男子!

JUGEMテーマ:健康


ホリエモンは「ヴィーガンはまじで健康に悪い」「徹底的に潰します」とヴィーガンに宣戦布告し、その炎上が全国で話題になりました。しかし、彼の発言は根拠のない意見と悪口に過ぎません。菜食のメリットは、科学的な事実です。
https://ja-jp.facebook.com/vegandanshiofficial/




ホリエモンがツイッタ―上でヴィーガンをコケにした話題から10日ほど経ちましたが…。
ヴィーガン男子のダンテさんが、すばらしい動画を作って公開してくれています!

まずは、ぜひ見てみて!!!


ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 / 2018.04.13 Friday 09:36 | 
クリスマス、年末年始は「動物たちの世界」に思いやりを♪

JUGEMテーマ:つぶやき。

 


ぜひ、このクリスマスのメロディーを聴いてください。
↓  ↓  ↓


http://youtu.be/Nbh27lIOf_o


◆動物たちの感情世界

動物たちの多くは、高度の知的能力や感覚能力、そして人間にも劣らない豊かな感情世界を持っている。

彼らは、悲しみ、喜び、幸福、共感、思いやり、連帯感、苦悩、それに怒りや狼狽、感動など、さまざまな感情を抱いており、それらを様々に経験している。

動物たちが豊かな感情を抱いていることは不思議でも何でもない。というのも、動物と人間は、大脳の辺縁系に同じ部位を持っていて、この部位は感情生活に重要な役割を果たしている。



動物が苦痛や痛みを感じることは疑いの余地がない。私たちは今、動物たちの心の中で起こっていることの全てを知ることは不可能だとしても、自分たちが思っている以上に、多くの動物が、激しい感情や苦痛を経験しているということを知っている。

実は、全てのほ乳類は共通の神経管や神経物質を持っており、その働きには、感情的な営みが関わっていることが、研究で分かっている。だから私たちは、動物たちにとっての苦しみの現実が、私たちが感じるそれとは別物であるのだと思うふりをすることを止めなければならない。痛みの感じ方は種ごとに違うかもしれないが、彼らは身体的・精神的な苦痛をさまざまな方法で伝えるし、それは、ほかの動物と暮らしている人なら、誰もが知っていることではないだろうか。


動物は、感情と思考を持った主体的な存在であり、敬意と配慮をはらうに値する。動物の感情について知っていることをどういかすのか。それを考えることによって、私たちは動物たちの世界に、残酷さではなく、思いやりを与えることができるはずだ。



https://www.facebook.com/EVOLVECampaigns
 

ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 / 2017.12.25 Monday 20:52 | 
時代は菜食へ〜『SAMSARA』食肉の作られ方の実態を記録したドキュメンタリー

JUGEMテーマ:食生活




肉食は生命と資源の無駄使い

どんな命でも生命は、他者と深くつながっています。それらの生命と自己を切り離して考えることはできません。
生命が軽んじられる傾向にある現代で、生命の尊重を再確認しなければならない時期がきているのだと思わずにはいられません。

肉食は、それに利用される動物の苦しみ・虐待問題だけにとどまらず、人間をも虐待し飢餓に追いやっているという事実から目を背けるべきではありません。大地の恵みを公平に分配せず、一部の人間に独占させ、その結果多くの人々を苦しめることになっているのです。

先進国の多くの人々は、有り余るほどの贅沢な食事をし、食べきれずに残して捨てるということを平気でしています。贅沢三昧の食生活は、肥満や生活習慣病を招き、病気になって苦しむという結果を引き起こします。
そうした現実の一方で、毎日の食事にさえありつけない、骨と皮だけになって飢えて死んでいく多くの子どもたちがいます。その矛盾に、平気でいられる人はいないはずです。




菜食の利点は、健康面だけに限ることはできません。菜食は、すべての生命を尊ぶ愛の実践につながります。そのことによって人間が健康になり社会も幸せになる。そうなれば、世界に平和が達成されるという、自己の肉体の利益のみの観点で推し量られるものではありません。

私たちは今こそ、肉食をやめて、大地の恵みを食料とすべきなのではないでしょうか。
そうした未来に突き進む勇気を、私たち(とりわけ、肉食・飽食をしている先進国に住む人達)が率先して持つべきなのでは、と思います。




少なくとも、人間がこんなにも環境や人間自身に、そして当の動物たちに多大なダメージを与え続けるべきではない、そう思います。


****************



ドキュメンタリー映画「SAMSARA」は、フィルムメーカーのディレクターRon FrickeとプロデューサーMark Magidsonが、5年以上の歳月をかけて25ヵ国を渡り撮影した。そこに映し出されたものは、圧倒的な美しい映像詩として紡がれており台詞は一切ない。


スーパーに並ぶ食肉がどう作られているのか現場の実態を淡々と記録したムービー
http://gigazine.net/news/20141002-samsara-food-sequence/


ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 / 2017.09.21 Thursday 12:52 | 
卵と乳製品を使わない洋菓子店「Porin」

JUGEMテーマ:気になったニュース

<卵と乳製品を使わない洋菓子店のご紹介>

卵と乳製品を使わない洋菓子店。北海道・千歳市の「Porin」

2016年8月に千歳市にオープンした「Porin」。素材もこだわりぬいて探し出した安心なものだけを使用。卵・乳製品を使わなくても、こってり感とコクのある、体にやさしいスイーツです。 北海道産の小麦粉「ドルチェ」や、豆やじゃがいもなどもふんだんに使用したケーキは、多くの人に喜ばれそうです。

卵と乳製品を使わないスイーツというと、卵・乳製品アレルギーの人向けという概念が、日本ではまだまだありますが、それでも動物製品を少しでも減らしたいという方には、とってもありがたい存在です。

※卵・乳製品を使わないスイーツには、お店によりゼラチンが使われていることもありますので、ヴィーガンの方は購入される際には確認が必要です。


テイクアウト専門「卵と乳製品を使わない洋菓子店Porin」





https://www.facebook.com/artforvegan

この地球上で、虐待され殺される動物の98%は、食肉産業、乳業、鶏卵産業によって殺されている」と言われています。 

動物性食品の生産はビジネスです。動物性食品で儲ける業界は、肉やチーズ、ミルク、卵を食べる社会を作り上げています。しかし、人間にとって普通で自然なことは、「大地から生まれるものを食べること」です。「道徳、良識、動物たちへの思いやり」を思い出しましょう。 そして、食卓で動物製品を減らす選択を、少しずつでも始めてみましょう。


ベジタリアン・ヴィーガンになる理由 / 2017.08.08 Tuesday 07:45 | 
 | 1 / 7 PAGES | >>