ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







人生で一番多く使った言葉は?

JUGEMテーマ:こころ

 

私が人生で一番多く使っている言葉。

これは、「かわいい〜♪」だと思う。

 

だって、毎日「可愛い〜!」「んもぉ〜!かわいすぎる〜!!!」を連呼している。

あ、猫にです。

もともとがなんでも「可愛い物好き」だから、雑貨や服などでもそういうものを買ってしまう。

 

そして今、新たに加わったのが、「んもぉ〜、かっこいい〜!」なのだ。

ああ、導かれたように、毎日連呼している。

 

こういう感情が私には必要だったのだと、実感する。

 

 

前向きになれることが必要。

 

 

 

ああ、このユキノシタの葉っぱの形を見ても、なんて可愛い〜っていつも思う♪

 

雪ノ下は、春の山菜。薬用としても使われますよ!

 

 

 

 

感じること・想い /
新曲「この道」〜佐野元春さんが動画を無料配信

JUGEMテーマ:お気に入り

 

ハートランドからの手紙/歌詞

https://www.moto.co.jp/konomichi/

 

 

 

 

この道。
 

希望と絶望。いつも、この思いは隣り合わせにあるのかもしれない。

 

私の中では、完全に絶望するということはないように思う。

絶望というより、その手前で止まる、厳しい現実に打ちのめされる感じに近い。

世の中、絶望する必要はなく、私にあるのは、大きな悲しみ。払拭したい、とてつもない悲しみ。

 

だからこそ、私は希望を見出そうとする。

その希望の一条が、喜びにつながる。

 

 

 

何かその悲しみを思うそばでは、もう前を向いて望みを託すようなことを考え出している。

そういう思いだけが強くこだまするような、日々の繰り返し。

 

そうやって、ずっと、道は続くのだろう。

さまざまな形に姿を変えて。

そして、私たちはその道を、ともに乗り越えていくのだろう。悲しみを喜びに変えながら…。

 

 

ひさしぶりに佐野元春さんの楽曲聴いて。

ファン熱再び!そして、友情出演のワンちゃんから目が離せなかった〜♪

印象がガラリと変わった新・佐野元春さんからも目が離せません〜♪

 

動物保護のウォーカソン中に、出会ったワンちゃん。

 

 

感じること・想い /
スーパームーン&ピンクムーン

JUGEMテーマ:今日のこと

 

 

スーパームーン。

昨日、散歩中に「大きな月だな、満月かな」と思った。

スーパームーンが話題だ。

今日も家から見た。

今日は昨日よりもオレンジ色が濃くて(実際に見ると、もっと色鮮やかです)、だんだん近くになるにつれ、色が薄くなってきた。

 

いろいろ大変な世の中だから、いつも見る満月と違って、今日はピンクムーンにすごく救われた気がする。

 

 

4月の満月、英語で“Pink Moon”

 

4月になると、さまざまな花が咲き始める様子から、ピンクムーンと呼ばれるようになったとか。2020年のピンクムーンは、2020年で地球に最も近い満月で明るさも特別!たしかに、いつもより大きくて明るく見えた!

 

 

身近な自然にちゃんと目を向ける、いいチャンス!

そして、いつもの日常のありがたみをちゃんと考えるいい機会。

暮し方も、習慣も、価値観も、地球全体にとってよりよいものを選択し変化していくことを、真剣に考えてみよう。

 

さらにとても大切なこと。人間社会で犠牲になっている動物たちのことにも、目を向けて意識を広げてほしい。

 

 

感じること・想い /
今日もまるまる、お猫さん!「距離感」に敏感になる今だからこそ、考えてみよう

JUGEMテーマ:ペット

 

腕まくら。

 

外出自粛で、「することなくて、暇」だと聞く。

私に当てはめると、ひまだと感じることがまったくなくて、いろんなことが後回しになっているけれど、次々に芽吹く木々や草花の息吹きを感じている。

 

「こんな時こそ、娯楽」と、ある方が新聞で語っていた。

動物を使ったギャンブル業界。「絶やしてはならない」というけれど。

「こういう時こそ、続けていかないと、という気持ち」という気持ちは、人々がまだ娯楽として楽しんでいると実感できるからだろう。また、大金を稼げるのだから、簡単には手離せないだろう。

 

こういう時だからこそ、各々が自分のライフスタイルを見直してみたら。

不要なものや事で溢れている世の中を、見つめ直す機会と捉えてほしい。

食生活も、見直してほしい。

人との距離間が盛んに言われているけれど。

食の犠牲になっている動物たちのこういう状態は、正視できるのだろうか。許されるのだろうか。

 


 

監禁飼育。身動きできない不衛生な場所。これが自分だったらと当てはめてみたら。

 

 

 

命が大切だというけれど、自由を奪い、過密状態をこの地球上で作り出し、病気を蔓延させ、あらゆる命を粗末にしているのは、人間自身なのではないでしょうか。

 

 

 

感じること・想い /
気持ちが軽くなり、力強さを感じながら、前に進む生き方へと。

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

世界が急速に変わろうとしている。

今までの経済至上主義のような社会が、問われている。

 

これから先、人間がどのように考え行動していくか。

思うような進歩は見られないにしても、5〜10年の間には、私の中では大きく変わっているだろう。

 

通販に頼らなくても、普通にスーパーでヴィーガン関連の商品が買え、普及啓発といったことを力まなくても、自分の生活がゆったりとした時間の中で流れていること。

それを望んでいる。

 

 

強さは体力からくるのではない。

不屈の意志から生まれるのだ。

  ーマハトマ・ガンディー

 

 

自分の生活圏の中で、できることを見つけていきたい。

生涯、倫理的な生き方を目指した生活をしていくことに変わりはなくても、人から人へときちんと伝えることを重視したものへ。

よりシンプルに、しなやかに、大切にしたいことをちゃんと守っていきながら。喜びをもって、理想と希望を持ち続けながら。

 

 

 

 

感じること・想い /
八百屋さんで、きっと将来はこんな感じかな、と想い描く未来がある。

JUGEMテーマ:日常

 

 

これは、ミント。

今日は、八百屋さんで野菜や果物をたくさん買いました。お気に入りのコースでのお買い物。

 

菊芋など、めずらしい野菜が売られているので、ついつい買いたいものがたくさんでてきて、行くとたくさん買っちゃいます。しかも、お豆腐がおいしい!普通の倍以上の大豆が使われているかと思う濃密さ。濃厚なのです。豆乳もそう。だから、あったら買っちゃう!

 

 

八百屋さんも大混雑。前のお二人が、私と同様に、カゴいっぱいにいろいろ買われてて。お話を聞いていると、以前から有機栽培の食品を買われてて、私と同じところで買ってたり。

 

私よりも年上のような感じだから、将来、私もお気に入りの八百屋さん巡りしているんだろうな、と自分の未来の姿を重ねたり。

いいもの、おいしいもの、確かなもの。そういうものを求めて、頑張っている農家さんやお店にお金が届くように、これから先もずっと、お買い物できたら嬉しいな。そして、お店の方との会話も楽しみたい。そういう、充実した日々を、ずっと重ねていけたら、もうそれだけで満たされます。

 

 

感じること・想い /
ねこ、腕まくら猫さん!

JUGEMテーマ:ペット

 

 

今日はめずらしく、我が家のねこさん登場です。

ベッドにいる時は、必ず手の上に体を寄せるか、腕まくら。

この日常を、ここに留めておきたくて…。

毛艶がとてもよくて、ビロードも健在!ほんとに柔らかな手触りで。

 

秋晴れが続き、どこかへお出掛けと言いたいところだけれど、なかなか体もついていかない。そう、私には、この日常があれば。それだけで満たされる、満たされている。そんな日常が、とても大切なこと。

 

People Tree

 

朝晩は肌寒くなって、ピープルツリーで買った、オーガニックコットンのタートルを着るようになりました。

ちなみに、ショッキングピンクのクッションカバーも、ピープルツリーです。ピープルツリーのセールで服や雑貨を買って、そして着たり、部屋を飾る。それも、私には満たされる日常を彩る大切なひとコマです。

 

 

感じること・想い /
小さい声で話す〜本当に正しいと思うなら

JUGEMテーマ:ペット

 

 

朝日新聞に載っていた天声人語の内容を、紹介したいと思います。

(2019・9・15)

 

*****

 

明治時代の祖父の言葉〜「本当に正しいと思うなら、叫ばなくていい。なるべく小さい声で話しなさい」〜と、幼い頃に筆者はそう言われたそうだ。

 

SNS時代、そこに氾濫する言葉は、攻撃的で、罵りあいや、大きな声があふれている。

そして、英文学者はこう教えてくれた。

英語では大事なことを言うときは、あえて強調ではなく、「もしかすると」と表現をぼかすことがあると。

小さい声も、そうなのではないか、と。

 

大切なことは強い断定調では逆に伝わりにくくなる。簡単に言えない何かを伝える時、むしろ弱く、あいまいに言葉を使ってきた、と東京大学教授の阿部公彦さんは話す。

 

心の底に 強い圧力をかけて

蔵ってある言葉

声に出せば

文字に記せば

たちまちに色褪せるだろう

〜茨木のり子さんの「言いたくない言葉」から

 

*****

 

 

新聞内容はここまでです。

 

動物のために活動する人は、さまざまです。性格も、考えも。

実際、あるデモに参加して、「今までのやり方で、一体、何が変えられた(今までの動物保護・愛護の訴え方・やり方がまずいからでは?)?」という言葉も聞いたことがあります。

 

私には、地道で穏やかな感じが、心がザワザワしなくて自分らしくできるため、やんわりと伝えることしかできないでしょう。

 

時代は変わり、「自分を通して」ヴィーガンや動物問題を知ってもらうという発信が、若い人を中心にますます拡がっていくことでしょう。どんな伝わり方・伝え方がいいのか、それぞれが真に動物を思いやる気持ちを第一に、自分の言動を振り返りながら、本当に動物たちの助けになる言動へと繋がることを考える人が増えていければ、とそんなことを、思いました。

 

 

感じること・想い /
心の中の光が、世界を変える

JUGEMテーマ:ペット

 

Dominion: Documentary

https://www.dominionmovement.com/watch

(日本語字幕)

 

たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。


誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

 

たったひとりで。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。

多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

 

十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。

 

−古代インドの聖典『バガアッドギータ』


私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。
 




肉用牛で保護された牛だという。右の子牛は「ファーム・サンクチュアリ」で産まれた。左がお母さん。こうして親子が一緒にいられることは、酪農業界ではまずない。母子はすぐに引き離され、母乳は人間が飲むために搾られている。






mercyforanimals

動物たちは、私たち人間が食べたり、身に付けたり、実験したりするものではありません。

毛皮の養殖場、動物飼育場、屠殺場、動物実験研究所、工場式畜産農場、ペットショップ、動物園といった動物種を搾取している場所では、言葉に言い表せないような恐ろしいことが大衆の目の届かないところで日常的に起きています。
その現場で苦しむ動物たちを助けるためには、より多くの人々が、いままで全然知らなかった、あるいは考えもしなかった動物たちの悲境に気づく必要があります。



mercyforanimals

すべての動物種を搾取と残虐行為から守るために、動物虐待を明るみにさらし、やめさせていくことを達成していきましょう。
一つでも二つでも、小さなことから、やってみましょう。

私たち自身の無知や無関心な態度が、現状をいつまでも容認させ、動物たちの悲惨な状況を続けさせることにつながっています。どんな小さなことでもやってみる、そしてやってみれば必ず何かできるようになる、そのとき、それはつらい現実を少しでも変えることができるのだという自信につながっていくでしょう。その自信と勇気をもつことは、自分を救うことにもつながっていくと思います。
 

 

感じること・想い /
世界ぜんたいを幸福にする「共感」

JUGEMテーマ:コラム

 

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

ー宮沢賢治

 

詩人の「農民芸術概論綱要」から。

人は自己のみならず他者の不幸をも悲しむ。他人のみならず他の生き物、さらに宇宙の苦しみをも苦しむ。つまり共感(シンパシー)が<人>の本性であるかぎり、「世界」が幸福でなければ自分も幸福でない。

 

〜朝日新聞の「折々のことば」鷲田清一1414より






 

家畜動物の幸せについて、どれだけの人が思いを寄せるだろう。

 

アメリカの評論家スーザン・ソンタグが、次のように述べている。

 

「人間社会はだれかの役に立つという利他主義が軸になって成立している。自分を超えたある規範のために、人は何かをする。……今、多くの人が何かの行動の動機として理解できるのは、三つだけ。金銭と快楽と健康だ」

 

      〜『ベジタリアン宮沢賢治』鶴田 静より

 

 

今日は、狢昭圻瓩悗了廚い抜愀言が希薄になっている。また、食の分野でも「金銭と快楽と健康」が占めている。それは、他者の「生命」を蔑ろにすることに繋がるのではないだろうか。

 

どんな命でも生命は、他者と深くつながっている。このことに思いを馳せる人は、どれだけいるだろうか。そして地球もまた、他者として蔑ろにされている。自然に対する人類の暴虐の数々、人間以外の生きものに対する横暴さは止むことがない。

 

このような状況で、この世界のどこで誰れが幸せになれるのだろうか。

 

宮沢賢治の菜食思想をもって、考えてみてほしい。

この世界で、生命を重んじる思潮が広がりを見せてほしいと思う。

そして、生命の尊重を再認識しなければならない時代だという認識を、多くの人にもってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感じること・想い /
/ 1/7PAGES / >>