ABOUT


SELECTED ENTRIES
動物搾取のない世界へ
※残酷な行為をなくしていきましょう。そのためには、隠された真実を知りましょう。



『実験犬シロのねがい』のシロの話、知っていますか?

脊髄の実験に使われ、疥癬でボロボロ、膿でいっぱいの皮膚、歩行困難、全身から臭気、爪は伸び放題、痩せて全身から脱毛し、赤い皮膚がむき出し、毛が残っているのは首輪のあたりだけという悲惨な状態で地球生物会議ALIVEによって救出されました。保護された彼女はまだ推定1歳という若さ、ただ悲しい目をしているだけでした。保健所に捨てられる前は、飼い主から虐待を受けていました。実験に使われた後に保護されわずか2歳でこの世を去りました。

実験イヌシロの姿 〜1匹の犬が問いかけたもの

どうか動物実験の問題に関心を持って、動物たちの犠牲を減らし無くしていく暮らし方を考えて下さい。

●動画 「実験犬シロのねがい」
問われる動物実験
猫のチャッピー
うさぎのピョンコ
うさぎのフワフワ

罠猟【毛皮の実態.錺福淵肇薀丱汽漾吠圈
生命の叫び




肉食、動物実験、野生動物の駆除、ペット産業、狩猟、毛皮、ロデオ、娯楽、動物園、水族館、皮革製品など、人間の生活の場で犠牲になっている果てしない数の動物たち。
「もうこれ以上、動物たちを苦しめない」という選択をみながしていけば、地球は平和で満たされ豊かな惑星となるでしょう。

誰かを苦しめない選択、誰かを苦しみから救う選択。
他者を思う利他的な行為があらゆる場面で広がれば、世の中は素敵に変えられます。

日々の選択は、他者を思う利他的な行為の場ともなります。
見てほしい動画
Dominion: Documentary
Dominion: Documentary(日本語字幕)
Earthlings Japanese Subtitle
工場式畜産のない世界を想像しましょう♪
工場畜産をやめさせるためのもっとも確実な方法は、その生産物の消費をやめることです。

工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状1
工場式畜産業の壁の向こうに隠された恐ろしい現状2
クリスマスのメロディー
地球を貪り食う

動物ホロコーストに終わりを
※字幕ボタンをクリック!

ゲイリー・ヨーロフスキーの啓発的なスピーチ
ゲイリー・ヨーロフスキーの質疑応答



たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。

誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

たったひとりで。
小さな点にしかならないかもしれないけれど。
多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

【十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。 −古代インドの聖典『バガアッドギータ』】

私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。




CATEGORIES
LINKS
お買いもの


グリーンズ ベジタリアン通販
かるなぁ
福猫屋
わらべ村
三育フーズ
妖精の森
アリサン
People Tree

ナチュラルファクトリー(植物性スイーツ)
ナチュラルスイーツ みき工房


動物実験していないメーカー
太陽油脂
サンダーレッド(純粉石鹸)

※動物実験していない化粧品メーカー249社掲載→ JAVAコスメガイド




<シルバーバーチ>

★真実は真実として、人々に迎合することなく述べ伝えなければならない。純真無垢の真理は時として苦く、また心を傷つけることがあるものです。しかし、あくまでも真実なのですから、いずれは良い結果を生みます。

★自然界の生命はすべてが複雑にからみあっており、人間の責任は人間どうしを超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。抵抗するすべを知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、ぜひとも阻止しなくてはなりません。



にくきゅう手帳

OTHERS







気持ちが軽くなり、力強さを感じながら、前に進む生き方へと。

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

世界が急速に変わろうとしている。

今までの経済至上主義のような社会が、問われている。

 

これから先、人間がどのように考え行動していくか。

思うような進歩は見られないにしても、5〜10年の間には、私の中では大きく変わっているだろう。

 

通販に頼らなくても、普通にスーパーでヴィーガン関連の商品が買え、普及啓発といったことを力まなくても、自分の生活がゆったりとした時間の中で流れていること。

それを望んでいる。

 

 

強さは体力からくるのではない。

不屈の意志から生まれるのだ。

  ーマハトマ・ガンディー

 

 

自分の生活圏の中で、できることを見つけていきたい。

生涯、倫理的な生き方を目指した生活をしていくことに変わりはなくても、人から人へときちんと伝えることを重視したものへ。

よりシンプルに、しなやかに、大切にしたいことをちゃんと守っていきながら。喜びをもって、理想と希望を持ち続けながら。

 

 

 

 

感じること・想い /
八百屋さんで、きっと将来はこんな感じかな、と想い描く未来がある。

JUGEMテーマ:日常

 

 

これは、ミント。

今日は、八百屋さんで野菜や果物をたくさん買いました。お気に入りのコースでのお買い物。

 

菊芋など、めずらしい野菜が売られているので、ついつい買いたいものがたくさんでてきて、行くとたくさん買っちゃいます。しかも、お豆腐がおいしい!普通の倍以上の大豆が使われているかと思う濃密さ。濃厚なのです。豆乳もそう。だから、あったら買っちゃう!

 

 

八百屋さんも大混雑。前のお二人が、私と同様に、カゴいっぱいにいろいろ買われてて。お話を聞いていると、以前から有機栽培の食品を買われてて、私と同じところで買ってたり。

 

私よりも年上のような感じだから、将来、私もお気に入りの八百屋さん巡りしているんだろうな、と自分の未来の姿を重ねたり。

いいもの、おいしいもの、確かなもの。そういうものを求めて、頑張っている農家さんやお店にお金が届くように、これから先もずっと、お買い物できたら嬉しいな。そして、お店の方との会話も楽しみたい。そういう、充実した日々を、ずっと重ねていけたら、もうそれだけで満たされます。

 

 

感じること・想い /
ねこ、腕まくら猫さん!

JUGEMテーマ:ペット

 

 

今日はめずらしく、我が家のねこさん登場です。

ベッドにいる時は、必ず手の上に体を寄せるか、腕まくら。

この日常を、ここに留めておきたくて…。

毛艶がとてもよくて、ビロードも健在!ほんとに柔らかな手触りで。

 

秋晴れが続き、どこかへお出掛けと言いたいところだけれど、なかなか体もついていかない。そう、私には、この日常があれば。それだけで満たされる、満たされている。そんな日常が、とても大切なこと。

 

People Tree

 

朝晩は肌寒くなって、ピープルツリーで買った、オーガニックコットンのタートルを着るようになりました。

ちなみに、ショッキングピンクのクッションカバーも、ピープルツリーです。ピープルツリーのセールで服や雑貨を買って、そして着たり、部屋を飾る。それも、私には満たされる日常を彩る大切なひとコマです。

 

 

感じること・想い /
小さい声で話す〜本当に正しいと思うなら

JUGEMテーマ:ペット

 

 

朝日新聞に載っていた天声人語の内容を、紹介したいと思います。

(2019・9・15)

 

*****

 

明治時代の祖父の言葉〜「本当に正しいと思うなら、叫ばなくていい。なるべく小さい声で話しなさい」〜と、幼い頃に筆者はそう言われたそうだ。

 

SNS時代、そこに氾濫する言葉は、攻撃的で、罵りあいや、大きな声があふれている。

そして、英文学者はこう教えてくれた。

英語では大事なことを言うときは、あえて強調ではなく、「もしかすると」と表現をぼかすことがあると。

小さい声も、そうなのではないか、と。

 

大切なことは強い断定調では逆に伝わりにくくなる。簡単に言えない何かを伝える時、むしろ弱く、あいまいに言葉を使ってきた、と東京大学教授の阿部公彦さんは話す。

 

心の底に 強い圧力をかけて

蔵ってある言葉

声に出せば

文字に記せば

たちまちに色褪せるだろう

〜茨木のり子さんの「言いたくない言葉」から

 

*****

 

 

新聞内容はここまでです。

 

動物のために活動する人は、さまざまです。性格も、考えも。

実際、あるデモに参加して、「今までのやり方で、一体、何が変えられた(今までの動物保護・愛護の訴え方・やり方がまずいからでは?)?」という言葉も聞いたことがあります。

 

私には、地道で穏やかな感じが、心がザワザワしなくて自分らしくできるため、やんわりと伝えることしかできないでしょう。

 

時代は変わり、「自分を通して」ヴィーガンや動物問題を知ってもらうという発信が、若い人を中心にますます拡がっていくことでしょう。どんな伝わり方・伝え方がいいのか、それぞれが真に動物を思いやる気持ちを第一に、自分の言動を振り返りながら、本当に動物たちの助けになる言動へと繋がることを考える人が増えていければ、とそんなことを、思いました。

 

 

感じること・想い /
心の中の光が、世界を変える

JUGEMテーマ:ペット

 

Dominion: Documentary

https://www.dominionmovement.com/watch

(日本語字幕)

 

たった一人が動き出すところから始まる

私たちの中には、きっと輝く太陽のような光がある。その光が世界を変える。

夢は見るだけのものじゃない、叶えるもの。
それならば、世界で一番こうなってほしいと願う夢を見たい。
自分のためじゃなく、誰かのために。


誰かの苦しみをなくしたい。
誰かの悲しみをなくしたい。
誰も、暴力の標的にされず、いじめられず、利用されず、苦しみの一生を背負わされず、笑いが絶えないような世界の夢をみたい。

そして、誰も暴力と苦しみの果てに殺されることのない世界を夢見ている。
だれもが、だれかの幸せを思い、すべての生きものを大切にする世界を。

 

たったひとりで。

小さな点にしかならないかもしれないけれど。

多くの人の心に、ちゃんと届くことを願って。

 

十万の太陽よりも、さらに明るく輝く光が、あなたの中にある。

 

−古代インドの聖典『バガアッドギータ』


私たち一人ひとりが、世界を変える力を持っている。
 




肉用牛で保護された牛だという。右の子牛は「ファーム・サンクチュアリ」で産まれた。左がお母さん。こうして親子が一緒にいられることは、酪農業界ではまずない。母子はすぐに引き離され、母乳は人間が飲むために搾られている。






mercyforanimals

動物たちは、私たち人間が食べたり、身に付けたり、実験したりするものではありません。

毛皮の養殖場、動物飼育場、屠殺場、動物実験研究所、工場式畜産農場、ペットショップ、動物園といった動物種を搾取している場所では、言葉に言い表せないような恐ろしいことが大衆の目の届かないところで日常的に起きています。
その現場で苦しむ動物たちを助けるためには、より多くの人々が、いままで全然知らなかった、あるいは考えもしなかった動物たちの悲境に気づく必要があります。



mercyforanimals

すべての動物種を搾取と残虐行為から守るために、動物虐待を明るみにさらし、やめさせていくことを達成していきましょう。
一つでも二つでも、小さなことから、やってみましょう。

私たち自身の無知や無関心な態度が、現状をいつまでも容認させ、動物たちの悲惨な状況を続けさせることにつながっています。どんな小さなことでもやってみる、そしてやってみれば必ず何かできるようになる、そのとき、それはつらい現実を少しでも変えることができるのだという自信につながっていくでしょう。その自信と勇気をもつことは、自分を救うことにもつながっていくと思います。
 

 

感じること・想い /
世界ぜんたいを幸福にする「共感」

JUGEMテーマ:コラム

 

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

ー宮沢賢治

 

詩人の「農民芸術概論綱要」から。

人は自己のみならず他者の不幸をも悲しむ。他人のみならず他の生き物、さらに宇宙の苦しみをも苦しむ。つまり共感(シンパシー)が<人>の本性であるかぎり、「世界」が幸福でなければ自分も幸福でない。

 

〜朝日新聞の「折々のことば」鷲田清一1414より






 

家畜動物の幸せについて、どれだけの人が思いを寄せるだろう。

 

アメリカの評論家スーザン・ソンタグが、次のように述べている。

 

「人間社会はだれかの役に立つという利他主義が軸になって成立している。自分を超えたある規範のために、人は何かをする。……今、多くの人が何かの行動の動機として理解できるのは、三つだけ。金銭と快楽と健康だ」

 

      〜『ベジタリアン宮沢賢治』鶴田 静より

 

 

今日は、狢昭圻瓩悗了廚い抜愀言が希薄になっている。また、食の分野でも「金銭と快楽と健康」が占めている。それは、他者の「生命」を蔑ろにすることに繋がるのではないだろうか。

 

どんな命でも生命は、他者と深くつながっている。このことに思いを馳せる人は、どれだけいるだろうか。そして地球もまた、他者として蔑ろにされている。自然に対する人類の暴虐の数々、人間以外の生きものに対する横暴さは止むことがない。

 

このような状況で、この世界のどこで誰れが幸せになれるのだろうか。

 

宮沢賢治の菜食思想をもって、考えてみてほしい。

この世界で、生命を重んじる思潮が広がりを見せてほしいと思う。

そして、生命の尊重を再認識しなければならない時代だという認識を、多くの人にもってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感じること・想い /
新年に(いつも)願うことはこれ!

JUGEMテーマ:ペット

 

 

 

すべての生き物、ヒトやヒト以外の生き物が、搾取されたり、差別を受けたり、苦しめられることのない、平和な世界になること。

政治などはもちろん、すべての分野で、利他的な思想や行為で満たされる世界になること。

 

これが日々の願い。

 

 

でもまずは、

 

 

苦しみと血にまみれた産業を終わらせましょう。

 

動物たちの苦しみを。

監禁と搾取を。

 

世界一数多くの苦しみを生み出している食卓の上の動物を、解放しましょう。

 

 

今日の肉信仰、牛乳信仰は、巧みに演出されて作られてきたものであり、人間の健康や生活にとって必ずしも必要なものではありません。

 





 

 

動物を生きものとして解放しましょう。

 

 

私たちは、盲目的に、肉を、牛乳や乳製品を、信仰しているのです。

絶対的なものとして…疑うことをせずに…。

 

しかし、その裏には、動物は生物機械として誕生から死まで扱われ、目を覆うばかりの暴虐の犠牲となっている現実があります。それらは巧みに隠されて、私たちが深く考えないように、私たちに知られないように、目隠しされているのです。

 

 

目を覚ましましょう。目をしっかりと見開きましょう。

 

そして、新しい習慣を身に付けましょう。

動物の肉や乳製品を、植物性にしましょう。

 

 

 

 

この動画を見てほしい。

そして、動物たちの苦しみに終止符を打つような行動につなげてほしい。

 

Dominion: Documentary

 

https://www.dominionmovement.com/watch

(日本語字幕)

 

 

 

信じられないことが起こっています。

これらは、人間が作り出していることです。

やめさせることができるのも、人間です。

 

 

 

 

ドミニオン。Dominion (2018)。

 

 

動物を搾取しない世の中の構築。

 

 

事実を知ること。

これは、人類すべてに求められています。

 

 

この映像の中に収められている動物たちの苦しみ。

それは、動物を搾取する社会で生活する全ての人間が、直視するべき問題です。

 

 

 

 

 

この映画では、豚、採卵鶏、肉用鶏、アヒル、カモ、牛、羊、ヤギ、馬、魚、ウサギ、キツネ、ペット産業(ブリーダー)などのほか、ドッグレースのグレイハウンドや、競馬やロデオなどの馬、毛皮、狩猟、動物実験、動物園や水族館、イルカなどが取り上げられています。

 

人間の動物に対する暴力は、こうした分野で顕著に表れていて、その残虐性は目を覆うばかりです。

労働者の直接的な暴力もそうですが、動物たちの誕生から死まで、それに関わる工程すべてが、残酷さに満ち溢れ暴力的なのです。なぜなら、そこにはいのちの尊厳は微塵も感じられず、どこまでも、どの場面でも、機械として扱われて企業や業界の利益追求の犠牲になっています。

 

このような恐ろしい世界・現実を支えているのは、事実を知らない、または変わろうとしない人たちの消費です。

食卓から、娯楽から、衣類から、医薬品から、レジャーから、ペットから、生活の場で動物の犠牲を無くしましょう。

 

 

私たちは、目を覚ますべきではないでしょうか。

 

 

そして、一刻も早く、動物を搾取しない生活を、選択するべきなのです。

 

 

あなたはちょうど食事を終えたところだが、

屠殺場は、注意深く、

遠くに上手く隠されており、そこには共謀がある

 

  ラルフ・ワルド・エマーソン

 

 

<画像>

Dominion: Documentary

 

 

 

 

 

感じること・想い /
新しい年を迎えて♪

JUGEMテーマ:日常

 

 

新しい年が始まりました。

でも、日常には境がありません。

いつも通り、でも気分を新たに、希望を持って進むのみです。

 

さて、昨年は、和菓子屋さんで鏡餅用のお餅を作ってもらいました。

こんなの、初めて!

 

そう、初めてのことをしてみたかった!

たぶん、これっきり(一度でいい)♪

 

 

 

 

でも、この鏡餅のフォルムったら!

丸みを帯びた、このかわいらしいフォルム。見てるだけで、満たされる!

 

いい体験しました。

 

 

 

いきなり、ザルのままのトマトだけど…。

 


 

福袋には全く興味ないけれど、袋詰め放題なトマトがあったので、詰めてきた。

そして、今日は朝起きていきなり食べたのは、この干し芋でした!

 

 

他には、今日食べたものは、トマト、カシューナッツ豆菓子、お餅、みかん、ぬか漬け、味噌汁、大豆と人参のサラダといった感じ。

こんなにいらなかったから、明日はもっと軽くしよう。

 

 

 

そして、昨日は、おでかけ。

 

 

 

大好きなこのお方(一方的なファンです)のいるところへ♪

おひさしぶりな、ところへ♪

へへへ♪

 

 

 

感じること・想い /
中本忠子さん「見返りを求めるなら、しない方がいい」

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

 

広島のマザー・テレサといわれる、中本さん。

現在、NPO法人「食べて語ろう会」の理事長です。

 

新聞に取り上げられていました。

 

※11月24日 朝日新聞 be フロートランナーより

 

 

中本さんは80年、保護司になりました。

空腹の子どもが多いことに気づき、82年から自宅で食事の無料提供を始めます。

 

 

******

 

 

朝から夜まで、食べさせた。

多い時には10人も。

服を洗濯し、ふろに入れた。

水道・光熱費は6万円にもなり、親の遺産をつぎ込んだ。

 

家に帰りたくないという6人を7カ月住まわせたこともある。

子どもがトイレのドアにもたれてご飯を食べていると、そっと隣家のトイレを借りに行った。

 

 

最初は、保護観察所のマニュアル通りに指導していたという。

でも、少年はいっこうにシンナーをやめられなかった。

空腹を忘れるためにシンナーを吸うという少年の言葉を聞き、「それなら」と焼き飯を作って食べさせたのが、始まりだ。

 

 

食事を出して36年。

かかわった子どもは300人超。

「人間が好きであればできる」。

無欲の人はさらりと言った。

 

 

******

 

 

子どもの時は、とくに居場所が大切なんだと思う。

 

ほっとできる場所。

自分を受け入れてくれる場所。

「おかえり」といってくれる場所。

信じてくれる人がいる場所。

 

 

 

自分がされていやなことは、子どもにもしない。

 

批判的な目でみることをせず、否定から始めない。

正論をふりかざさない。

謙虚な気持ちを持つことが大事。

 

「ばっちゃんはこう思うけどどうじゃろ」と聞く。

嫌だと言われれば、また話し合って違う方法を考える。

 

 

何が怖いの?そんな目でみるのがおかしい。

「こんなにしたのに」という思いは全くない。

うちの力が足りんかったと思うだけよ。

 

見返りを求めるボランティアならしない方がいい。

相手に失礼。そんなんでは心が通じんでしょ。

うちは、犯罪しない人がひとりでも増えればそれでいい。

 

 

いまの「家」は狭い。

子どもが寝転ぶところもない。

相談室もほしい。

隣が空いているから、ぜひ借りて広げたい。

居場所のない子どもらのために自立準備ホームも始めたい。

 

 

刑務所や少年院から帰ってきても、白眼視しないでほしい。

白眼視されると孤独になり、また犯罪に走ってしまう。

みんなで受け入れてやる気持ちがないといけんと思うよ。

 

 

 

 

 

 

ばっちゃんは、どこまでも無欲だ。

自分のために望むことはない。

自分のために欲しがることはない。

ただひたすら、助けを必要としている子どもを信じて、寄り添い、与え続けている。

子どもたちに、温かな眼差しと愛を、注ぎ続けている。

見返りを求めるなんてことは、しない。

 

 

人間にとって本当に必要なことを、ちゃんとわかっている。

困っている人に手を差し伸べ、温かい言葉をかけたり苦しみを除いたり和らげたりすることが大切なんだと。

 

無欲で与えることが、大切なことなんだと、自然にわかっている。

だからこそ、人の心を動かせるのだ。

 

 

 

 

 

感じること・想い /
農家女性の戦後史〜嫁という立場の切実な声

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

この本が、朝日新聞の読書欄に紹介されていました。

読んでみたいな、と思いました。

 

 

 

 

新聞に載っていた評は、寺尾 紗穂(音楽家・エッセイスト)さんが書かれていました。

そこから、この本のことを紹介すると…。

 

 

***

 

 

農村の女性、嫁という立場の切実な声。

 

アメリカと日本の財界の意を汲んだ国の農政にいかに農村が翻弄されてきたか、そのための手段がいかに姑息だったかということが、本書には書かれてあるらしい。

 

小麦普及の、あの「米よりパンを」という話し。

 

 

【「米よりパンを」と普及させたパン食は学校現場では「米ばかりをたべていると頭が悪くなる」と伝えられ、米輸入自由化の際は、都合よくデータを調整して公表した「物価レポート」で物価高が強調されて「消費者を守る」という建前が作られた】

 

 

それだけではない。

 

【「北欧型福祉国家では高齢者の自殺率が高いという誤情報と共に、独自の家族関係を強調する日本型福祉社会が叫ばれたが、1972年当時、実際に高齢女性の自殺率が最も高いのは日本だったという】

 

 

いつの時代でも、本質を見抜く力が必要ですね。

 

今の時代でも、あらゆる分野で、同じようなことが繰り返されているから…。

 

 

私も、私なりに、何が大切で、大切じゃないのか、いつも考えている。

 

 

結果的には、人間による動物利用・搾取がなくなること。

それが、時代に対する望み、願い。

 

 

人類の一番大きな種差別である、ヒト以外の動物種に対する差別が克服できたのであれば、時代は大きく、変わるだろう。

 

 

そんな世の中、世界が、見てみたい。

 

そんな世界に近づくようにと、いつも何をすべきか、何ができるかを、考えている。

 

 

 

 

 

 

感じること・想い /
/ 1/7PAGES / >>