S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>






































希少動物の違法取引業者を営業停止に!エキゾチックアニマルの受難
JUGEMテーマ:ペット


ALIVE-newsより転載
 
希少動物の違法取引業者を営業停止に!

このところ、希少な野生動物を違法に売買するペットショップの経営者が逮捕される事件が続いています。
これは、動物愛護法の改正とも関わる問題ですので、お知らせいたします。

日本では海外から様々な野生希少動物が輸入され販売されています。
さる5月21,22日には、日本最大規模の爬虫類・エキゾチックアニマル展示会『東京レプタイルズワールド2011』というイベントが東京で開催されました。
http://www.atpress.ne.jp/view/19103
http://www.reptilesworld.jp/

何百種ものエキゾチックアニマルが、お惣菜の容器に入れて展示され、手軽に売られています。
(会場に行った会員のブログに、その写真が掲載されています)
http://ameblo.jp/camomileginger/entry-10899729488.html
会場は盛況で、来場者数は8,343人 に及んだとのこと。

しかし、大半の販売動物に、動物愛護法で定められている個体に関する表示(品種、性別、生年月日または輸入年月日、成体となったときの標準体重・体長、生産地等)がされていませんでした。(動物愛護法違反)

この展示即売会は、
‘以の展示・販売方法が虐待的
動物取扱業の登録表示が不適切
K[瓩把蠅瓩蕕譴討い觚賃両霾麌充┐侶臟
こ依萋以を、日本中にばらまく販売方法
ゴ少野生動物の商取引の現場でもあった
等々、問題の多いものでした。

展示会には販売店として35業者が出展していましたがその中の1社である、ペットショップ「DIZZY POINT」の経営者は、翌日の5月23日に、希少動物の違法取引(種の保存法違反)で、逮捕されました。

「幻のカメ」2匹700万円で販売…ショップ経営者逮捕
スポーツ日本 2011年5月24日 06:00

ところが、この7月21日に、同じくこの展示即売会に出展していた大阪府守口市のペットショップ「SAURIA(サウリア)」の経営者がまたも種の保存法違反で逮捕されました。
希少動物の違法取引はたいへんお金になるため跡を絶ちません。

----------以下、記事------------------

種の保存法違反:希少なカメ販売容疑で業者逮捕…大阪府警
2011年7月22日 10時23分 更新:7月22日 11時25分

ワシントン条約で国際商取引が規制されている希少な「クモノスガメ」を売ったとして、大阪府警は21日、大阪府守口市のペットショップ「SAURIA(サウリア)」経営、内藤真知容疑者(50)を種の保存法(譲り渡し等の禁止)違反の疑いで再逮捕した。
逮捕容疑は09年1月〜今年5月までにクモノスガメ計5匹を計約120万円で販売した、としている。「違法と分かっていた」と認めているという。
府警生活環境課によると、内藤容疑者は店頭やインターネットで販売。
府警は今年6月30日、クモノスガメ2匹を店内に展示したとして、同法(陳列の禁止)違反容疑で現行犯逮捕した。大阪地検は21日、処分保留にしており、今後一括処分するとみられる。【服部陽】

---------以上-----------

残念ながら、種の保存法違反では、業者の営業停止の措置がありません。
一方、動物愛護法では、動物取扱業の営業停止処分を出すことができるので、種の保存法等関連法で違反した場合には、動愛法で営業停止にできるように、現在、環境省の検討会で議論している最中です。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-15.html

7月末に始まる動物愛護法改正のパブリックコメントでは、ぜひ、この課題について、皆様も意見を出して下さるようお願いします。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。

NPO法人地球生物会議(ALIVE)事務局
http://www.alive-net.net/





エキゾチックアニマルの受難

動物による癒し効果(アニマルテラピー)の流行りから、近年では、「鳴かない、場所をとらない」と言われるエキゾチックアニマルたちが脚光を浴びています。

ペットショップでは、ウサギ、ハムスター、プレーリードッグ、ミーアキャット、トビネズミ、リスザル、ヘビ、ワニ、ハクビシン、アナグマなど、多様な動物たちが売られています。
インターネットでも、野生動物の販売が盛んに行われています。

動物たちがTVのCMなどで放映されると、人気に火がつき、とたんにブームが巻き起こります。本来、野生動物である彼らは高価で入手困難であるのに、安易に大量捕獲され、大量に繁殖されて、低価格で売られます。

ブームにのった販売では、「安いし、かわいいし、なんとなく」買ってしまう飼い主も大量に生み出します。しかし、こうした安易は気持ちで買われたエキゾチックアニマルは、大抵は不運な境遇を辿ります。
飼いきれなくなったエキゾチックアニマルを、飼い主は、河原や公園に捨てたりします。


飼い方も病気のこともあまり知られていない動物たちが、簡単にホームセンターなどペットショップで売られている状況は、どこかおかしくはないでしょうか。
もともと自然の中で生きている彼らを人間の都合で捕獲し飼うようなことがあってもいいのでしょうか。

生態のよく知られていない動物を飼うことは、虐待につながる可能性が高いのです。

ノーベル賞を受賞した著名な動物行動学博士であるコンラート・ローレンツは次のように言っています。

 

 

さまざまな野生動物たちは、捕獲された瞬間から死に向かっている。ただ、その進行がゆっくりで、われわれ人間が気付かないだけなのだ。


輸入されてくる野生動物たちの多くは、輸送中に病気や過度のストレスから死んでしまいます。たとえ生き残ったとしても、犬や猫のようには人間になつかない彼らは、飼い主に飽きられて、また設備や餌の確保(生き餌を与える)など費用がかかるという人間の身勝手な理由から、公園や動物園、ペットショップの前などに捨てられたりしています。

エキゾチックアニマルの飼育は、素人では容易ではありません。野生ゆえにとても警戒心が強く、犬猫のように飼い主とスキンシップを楽しむこともできません。
「もの珍しさ」から、または「自慢したいから」などという理由で飼えるものではありません。

お金さえ払えば、何でも手に入る世の中かもしれませんが、野生動物を「モノ」のように考えることはあってはならないことです。
その動物たちが生きていく上で適切で必要な環境を整えて、終生飼養する覚悟はできているのでしょうか。


日本人には高く売れるからといって、乱獲・密猟され、海を渡って日本へと無理やり連れてこられ、店に並べられ、そして悲しい最後を迎えている野生動物たち。

私たち人間は、彼ら野生動物の命をいったいなんだと思っているのでしょう。


動物たちの命の安売りは、もうこれ以上いりません。

 

 

希少動物・エキゾチックアニマル | ねこまる | 20:40 |
| 1 / 1 PAGES |