S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>






































サーカスについて考えてみて!

JUGEMテーマ:ペット



<アニマルライツセンターより>

米国大手の動物サーカスであるリングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス(Ringling Bros. and Barnum & Bailey Circus)が、2017年5月21日のニューヨーク州 ユニオンデールでの公演をもって、146年の歴史の幕を閉じます。これは、多くの批難を浴びていたゾウの調教ショーを廃止して以降、売上が減少し、経営難に陥ったためとされていますが、世界中の市民がサーカスでの動物の使役利用について批判的な態度を示し、動物への思いやりをもちはじめた時代への意識の移り変わりであると言えます。

私たちは、この事実をとおして、欧米から30年は遅れているといわれているこの国の動物倫理に対する意識を啓蒙したいと思い、米国大手の「リングリング・ブラザーズ」による動物サーカスの終焉について、横浜みなとみらいで行われている木下大サーカス会場前の、とちのき通り西付近にて、日本人と外国人の共同で、パネルやプラカードを持ち、平和的なPRを行ないます。
参加してください!

日時:2017年5月20日(土)午後15:00
場所:横浜みなとみらい木下大サーカス会場前(とちのき通り西付近)

地図:https://goo.gl/maps/SX7E3vVxYa52

私たちは、サーカスに反対なのではなく、サーカスでの動物利用に反対し、サーカス動物の調教の裏側に多くの動物虐待や監禁の苦痛が存在することを主張し、動物福祉による5つの自由すなわち、
1.飢えと渇きからの自由
2.肉体的苦痛と不快からの自由
3.外傷や疾病からの自由
4.恐怖や不安からの自由
5.正常な行動を表現する自由
が、十分に守られていないことを、訴えています。
サーカス自体は、曲芸師の修練された技や、道化師によるコミカルなパフォーマンスが楽しめる大変素晴らしい娯楽です。しかし、サーカスで使役される動物たちは、調教という名の虐待を受け、狭いケージに監禁されたまま興行に引き回され、とても苦しんでいます。


木下大サーカスレポート
http://www.arcj.org/animals/circus/00/id=1090
木下大サーカス、テントの中では動物たちが奴隷として使役されています。...


NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org


サーカス | ねこまる | 11:05 |
『100歳の華麗なる冒険』!サーカスから救出された象に共感!

JUGEMテーマ:小説全般

 

100歳の華麗なる冒険 [ ロバート・グスタフソン ]


100歳の華麗なる冒険』という映画を、観ました。

こちらは、スウェーデンの小説家ヨナス・ヨナソンの『窓から逃げた100歳老人』が映画化されたもの、ということだけ知ってました。
小説の内容も映画のストーリーも予告編なども知らずに見ました。





内容は見た人のお楽しみですが…!

私がここで言いたいことはですね、象が出てきたんですよ!!!
しかも、この象は、サーカスから救出された象という設定だったんです。
象を育てている女性が、「サーカスは動物虐待だ」って映画で、言ったんです!

それを、ご紹介したくて!

映画の中といえども、こうして学ぶようなエッセンスがあちこちの場面でちりばめられているのだから。

人間が動物に共感する生き方を、ちゃんと学んでいけるようにと、思いました♪




artforvegan

共感について

人間の行動の原点には、共感というものがあります。


共感こそ、人間を人間足らしめる最も大きな本質的な能力のひとつでしょう。人間という枠を越えて、その共感の範囲を動物や自然や地球や宇宙にまで広げていそれは、自分という小さな枠を越えて、より大きなものに共感していくことです。
そこに、人間の知性や理性の源泉があります。

共感の思いがあれば、私たちにできることは何かということを考えます。

人間がより高みへと成長し進歩していく上で必要な、「共感する」ということ。
私たち人間は、常にどんな小さなことでも、自分自身でできることを発見していくことが大切です。



 

窓から逃げた100歳老人 [ ヨナス・ヨナソン ]

 

 

世界を救う100歳老人 [ ヨナス・ヨナソン ]

 

 

 

サーカス | ねこまる | 23:10 |
サーカスに動物はいらない!アクション
JUGEMテーマ:ペット



<アニマルライツセンターより>

この夏、アニマルライツセンターは動物を使ったサーカス「レニングラードサーカス」と「ボリショイサーカス」会場前でのアクションを予定しています。
参加者募集中です。みなさん是非ご参加ください。

◇レニングラードサーカスーアクション◇
日時 7月24日(金)
場所 飯能市民会館大ホール
日時 7月25日(土)
場所 志木市民会館パルシティホール

◇ボリショイサーカスーアクション◇
●東京公演
日時:7月18日(土)・7月26日(日)10:00〜16:30
場所:東京体育館前(JR千駄ヶ谷駅より徒歩1分)

●横浜公演
日時:8月1日(土)8月2日(日)10:00〜16:30
場所:JR関内駅南口

詳細
http://www.arcj.org/animals/circus/00/id=592

NPO法人アニマルライツセンター
http://www.arcj.org/



サーカスに動物はいらないよ!



サーカスに使用される動物は、常に移動する生活からくる著しいストレスに晒されています。動物園とサーカスは、両方とも動物を使った娯楽施設です。
本来、動物園においても、動物に物理的にも社会環境の面においても動物の立場に立ったものを提供できないのであれば、動物を飼養すべきではありません。




もともと野生であるはずの動物を飼養する人は、人道的な扱いをする責任があります。しかし、常に移動生活をしているサーカスの動物は、物理的環境と心理的・社会的環境において適切な状態に身を置くことができません。

トラックや列車での移動、長時間に亘る日常化した拘束状態に置かれています。鎖につながれたり、狭い何もないケージに閉じ込められている上に、厳しいトレーニングやしつけはすべて非常なストレスとなります。

また、サーカスの動物は、曲芸に必要なトレーニングを始めるために、生まれてまもなく母親から引き離されることが多く、実の親から引き離された子どもは大変な痛手を受けます。




サーカスは動物を使うことによって、人間の娯楽のために動物を使ってもかまわないというメッセージを一般に伝えています。象が曲芸を強いられるなどは、動物に対する偏った見方、価値観、姿勢を継続させる原因にしかならず、象など動物にムチを打つような行為は、動物虐待に値します。




悲しい光景です。野生動物のゾウが、逆立ちをするでしょうか。
野生動物の尊厳を無視し、すばらしい生き物を人間の道化役者に変えて、それを楽しむ人間もいます。

しかし、動物に対する価値観や理解は、時と共に変化していきます。サーカスの中には、ショーに動物を使用しないところがあり、シルク・ドゥ・ソレイユは動物を使わずに興業を行っています。




私たちは、サーカスや動物園・水族園で入場者が体験する娯楽が動物の犠牲の上に成り立っていることを認識する必要があります。

鎖につながれ、棒でつつかれて曲芸を強要される象などの野生動物を見て喜ぶ観衆の一人になるよりも、すべての生き物に対する責任を自覚し、すべての動物に思いやりを持ち、助けることに熱意を持つべきではないでしょうか。

すべての動物をどのように扱うかによって、人間という種が試されています。



メアリ(象)―Wikipedia

サーカスに囚われていたメアリは飼育係を死亡させたという理由で「絞首刑」にされた。





https://www.facebook.com/ultracobra9

今日は、ミートフリーマンデー(お肉を食べない月曜日)ですね〜!
多くの人が、ミートレスな日を実践して下さいますように♪


※Meat Free Monday
週に一日お肉をやめよう(アニマルライツセンター)
http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/


サーカス | ねこまる | 21:26 |
| 1 / 1 PAGES |