参議院農林水産委員会でアニマルウェルフェアについて言及

JUGEMテーマ:食生活



<アニマルライツセンターより>

第190回国会 2016年3月10日(木曜日)参議院農林水産委員会で、小川勝也議員が畜産動物のアニマルウェルフェアについて言及しました。
小川議員秘書の計らいで、傍聴に行ってまいりました。

委員会で小川議員は、海外と日本の規制の比較表を提示。
豚のストール飼育、豚の歯・尾の切断、鶏のバタリーケージ飼育、鶏のクチバシの切断の問題について、一つずつ言及していきました。

バタリーケージについては
「なるべく狭いケージで小さい鶏で、卵をたくさん長期間産むように改良に改良を重ねてきたのが私たちの国の鶏卵生産現場です。そのおかげで物価の優等生といわれています。」
「私たち人間の都合だけで物価の優等生だということで鳥を不幸せにしていいんでしょうか?嘴を切断します。神経があるので痛いのではないかと言われています。鶏という動物がどういう動物かというと、一日に15000回地面をつつく。そして彼らも産まれてきた特徴があります。止まり木が必要である、砂場が必要である。そして地面をつついて餌があるかどうかを探したい。これを全部人間の欲望だけでクチバシをカットしてバタリーケージに押し込めているのが世界に冠たる経済大国、日本の姿なんです」と述べ、アニマルウェルフェアの意識を高める必要性を訴えました。

この日の質疑詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=440


 最後に小川議員は
儲かる農業、これは否定しません。しかし私たちの国の農業は持続、共存これが大事だと思います。人間さえ良ければ家畜はどんなことをしてもいいんだという概念は私は間違っていると思う。もっともっといい国にしようじゃありませんか。」と述べ、ともに努力していこうと訴えました。

政治を担う人々が集まる国会という場で、このように詳細にわたり畜産動物の飼育の問題が取り上げられたのはおそらく初めてではないかと思います。「産業動物」というくくりで、その感受性についてクローズアップされることのほとんどない畜産動物たちの現状に、ほかの議員の方々も驚き、関心を持ったように感じました。

この小川議員の問題提起がきっかけとなり、畜産動物の苦しみを少しでも減らせるよう、私たちアニマルライツセンターは今後も尽力します。

*下記の比較表から「絶食・絶水による採卵鶏の強制換羽」「強制給餌(フォアグラ)」を除いたもの
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=422


会議録

当日の小川議員の質疑は、下記のリンク先から動画で見ることができます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
*審議中継カレンダーで3/10を選択し、下のほうにスクロールして農林水産省を選択し、ポップアップ画面で小川勝也(民主党・新緑風会)を選択してください。
アニマルウェルフェアについての質疑は2:25:37ごろから始まります。

動画視聴には期限があります。期限切れの場合は、下記のリンク先から会議録をご覧ください。
http://kokkai.ndl.go.jp/
*詳細検索を選択し、日付を入力し検索してください。


NPO法人 アニマルライツセンター
http://www.arcj.org


【お知らせ ここまで】


*******************



「感謝して食べる」事で、畜産動物たちの苦しみが帳消しになるはずはありません。
かれらは「私たちと同じ苦しみを感じる」ということに思いが到れば、動物を残酷に扱うことなど決してできないはずです。


小川議員は、WSPA(世界動物保護協会)の日本の評価が、中国やフィリピンよりも低い、ランクDだと紹介されていましたね。

WSPAの理想:動物福祉が問題とされ、動物に対する虐待がない世界
WSPAの使命:世界中が団結して一つの動物福祉運動を作り上げること


WSPAの理想・使命。これが完全・完璧ではなく、前提とすることが大切です。
動物福祉だけでは、動物の犠牲は無くせません。
人間の日常生活のあらゆる場面の中で、「人間の動物利用」が肯定されていることに、疑問を持つことが重要です。


お肉を買う前に考えてほしい!「家畜福祉」の考え支持を

JUGEMテーマ:食生活



今日の朝日新聞朝刊、「私の視点」コーナーに載っていた記事をご紹介します。

↓ ↓ ↓
****************

◆私の視点◆
日本女子大学教授(消費者教育)細川幸一

食肉の消費 
「家畜福祉」の考え支持を

中国の食品加工メーカーが使用期限切れの食用肉を使ってつくった加工食品が日本でもファストフード店などで販売されていたことが明らかになり、食の安全への不安が増している。問題の背景には、生産者がコストを引き下げるために工業化を進め、設備費や労働賃金の安い国外へ生産拠点を移すという食のグローバル化が起きていることがある。

食肉は牛、豚、鶏などの生き物を屠畜して製造されたものであり、前段階には家畜を飼育する畜産が存在する。ただ、消費者はパックされた食肉や加工食品が数日前までには生きていた動物であったことを忘れてしまいがちで、畜産の実態への関心は低い

しかし、コスト削減のための効率が生き物を扱う畜産でも追及され、多くの家畜は大量生産のための「畜産工場」とも言える閉所で飼育されているのが実態だ。単なる産業動物として扱われ、動物らしい行動を抑制されて苦痛に満ちた一生を送ることになる。

現状を改めるために、今こそ「家畜福祉」の考え方を消費者は支持すべきではないか。せめて生きている間は動物らしい活動ができるよう家畜の環境に配慮するという考え方で、欧州連合(EU)などで広がりつつある。日本でも取り組みが始まっているが、輸入食肉も多く、大きな動きにはなっていない。具体的には、以下の5点である。―淑な餌と水があること快適な飼育環境であること障害や病気は治療されることざ寡櫃箒貭砲砲気蕕気譴覆い海鉢ダ犠鏐堝阿できる広さや刺激があり、仲間がいることー。

畜産の大量生産システムは、鳥インフルエンザ、口蹄疫などの動物の感染症を発生させやすく、グローバル化によって人類への大規模感染も危惧されている。適切な環境で健康に育った家畜の肉はより安全であり、家畜福祉の観点は食の安全にもつながるのだ。

家畜福祉をとり入れた畜産は、コストが今よりかかる。だが、例えば鶏肉が100g当たり50円程度で売られている現状は妥当だろうか。価格を急に上げると暮らしへの影響が心配されるため、まずは家畜福祉配慮食品の認定マーク制度を創設し、消費者に選択肢を示す道筋をつくるべきである。

動物を殺して食すのは、人が生きるためには当然という主張が一般的だ。だが、本来の畜産とは生き物を育てる産業である。「いただきます」という言葉には、自らが生きながらえるためにありがたく他のいのちをいただくという意味があることを消費者は再認識し、いのちを消費する者としての権利と責任を自覚すべきである。


 【紹介 ここまで】


****************



「動物を殺して食すのは、人が生きるためには当然」という主張が一般的であるために、まずは「家畜福祉」の概念を広め、その基準に則った飼育が求められています。

一度、考えてみてください。
家畜と呼ばれる動物たちは、「福祉」というもの概念自体がない中で、どのように育てられているのかを。
欧州連合(EU)で具体的に示されている「家畜福祉」の基準、これは「当たり前」だとは思えないでしょうか。

裏を返せば、日本でも、そして世界中で育てられている家畜動物の大半は、

十分な餌と水が与えられず、
快適な飼育環境ではなく、
障害や病気は治療されず、
恐怖や苦痛にさらされ、
正常行動ができる広さや刺激がなく、仲間が作れない。


そういう環境で一生を終えているのです。
畜産関係者ですら、快適ではない飼育環境であることは、認めざるを得ないでしょう。
病気の治療も、かれらが「お肉」になり「お金」になるために必要な範疇でしかないのです。しかも、コストとの兼ね合いです。餌と水もそうです。

これは、犬や猫たちに当てはめれば、明らかに「動物虐待」です。
多くの人に、そういう自覚をもってほしいと思います。

牛や豚や鶏などの家畜動物と、犬や猫を一緒にするのはおかしいと思われるかもしれません。しかし、かれらは、人間の「食肉」とするために人間の都合で野生種を改良した哺乳動物なのです。私たち人間と同じ哺乳動物であるなら、その習性や生態を知り、かれらの福祉に配慮した一生になるように責任を持つことが、人間としての最低限のマナーではないでしょうか。

スーパーでお肉を買うということは、「いのちを消費する者としての自覚」が持てていないということになります。より安くより美味しいと思う肉を買い、そのための情報収集に時間を費やすのが「賢い消費者」なのでしょうか。
お肉を食べたいのなら、家畜動物の飼育環境や飼育方法を知り、かれらの一生が家畜福祉に最大限に配慮したものになるように考え行動することこそが、かれらを消費する者としての責任を自覚することにつながるのではないでしょうか。

***************************

アメリカのケーブルテレビで流れたという、ベジタリアンコマーシャル。


http://youtu.be/lHdLRrUocOA

私たちが買い物をするときに、残酷さとは無縁であるかのような振る舞いが出来ているのも、普段こうした想像力を働かせることがないからです。

スーパーでお肉のパックを買うときに、
ドライブスルーでハンバーガーを買うときに、
学生食堂でランチを食べるときに、


ぜひ、その食材となった彼らの姿を、思い出してみてください。




本来、その商品の生産過程で大量に出た動物の血。
こうしたことは、消費者には安易に想像できないように、工夫がなされ売られています。



Animal Liberation Worldwide Facebook

食卓の上の肉がまだ生きている動物だったとき、どんな扱いを受けていたか、知らないからといって、それが存在しないということには、決してなりません。




このパッケージから、生きて、呼吸をして、歩いて、そして苦しむ動物が、連想できるでしょうか?
監禁地獄の中で、商品価値が生まれるように、効率重視、利益重視で飼育された動物の一生は、想像できないように、細心の注意を払って私たちの目から隠されています。

生産プロセスの全段階を私たちの目から隠さなければ、誰もその商品を買って食べたいとは思わないでしょう。動物製品が動物虐待の産物であるといえるほどのものでありながら、どうして私たちは、それを「おいしい」と言って食べることができるのでしょう。




残酷な現実。でも目をそらさないで。

「ほんとにおいしくて、安全で、健康にいい食べ物はありあまるほどあるのに、みんなずっと目をそむけてきた。でも、そういう時代は終わったのよ。肉や乳製品が食べたくなるたびに、食肉処理場や加工工場、食料品店の内側で何が起きているのかを、思い出して」『スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット』より)。

”アニマル達には、地獄にいくというリスクがない。
彼らはもうすでにそこにいる。”


〜ヴィクトル・ユーゴ (フランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家)

アニマル達は、地獄に、もうすでに、そこにいる…。
なんて悲しい言葉でしょう。




地獄から救えるのは、動物を消費しないと選択する、一人ひとりの行動から。
難しいことはない、今すぐこの瞬間から始められる、地球の生きもの全てに対して思いやりのある、心豊かな選択です。


【10月12・13日】第2回家畜福祉セミナーがあります

JUGEMテーマ:ペット


https://www.facebook.com/CCTVForALLSlaughterhouse/

<ALIVE-news より転載>

◆第2回家畜福祉セミナー

ALIVE基金助成活動の一環で、「農業と動物福祉の研究会(JFAWI)」が、「第2回家畜福祉についての獣医師研修セミナー」を10月12・13日に開催いたします。

今回は、北海道帯広市での開催となりますので、北海道にお住まいで家畜福祉にご興味のある方はぜひご参加ください。
※獣医師でない方でも参加可能です。

----------------------
□■第2回家畜福祉についての獣医師研修セミナーのご案内■□
http://www.jfawi.org/event/131012-13semi.html

■研修の目的
近年OIEなどの世界家畜福祉基準の策定(2012 年肉用牛の基準、2013 年ブロイラーの基準決定、現在乳用牛・豚の基準作成が進行中)が急速に進展しているにもかかわらず、家畜飼育及びに畜産物の食品安全に携わる獣医師に動物福祉の概念と基準や日本と他国の状況を学習する機会がないことから、専門家の講義を受講する場を提供し、また実際に家畜の福祉を実践している先進的牧場および食品企業の見学を通して、日本の畜産業における家畜福祉の普及指導を担う獣医師の育成を目的とします。

■企画内容について
セミナーは東京会場と地方会場において継続的に開催して広く全国の獣医師に学びの場をつくる予定ですが、 今回は第 2 回目の企画として北海道帯広市の会場において臨床獣医師、食品企業勤務獣医師、行政獣医師、大学 等獣医学研究者を対象とします。
家畜福祉は、家畜飼育の生産現場から消費に至るフードチェーンの全行程において実現されるものです。 すなわち生産現場においては家畜のストレスを軽減することによって病原菌に対する免疫力を高め健康を増進する飼育方法の実現、その健康な家畜によって生産された畜産食品の加工流通を担うビジネスの実現、消費者の食の安全を保証するリスク分析システムの実現、家畜福祉商品を価値あるものとして選択し適正価格で購入する消費者意識の形成を実現するチェーンを開発することが不可欠です。
そのため、それらのチェーン各工程における獣医師の役割の発揮は、農業者のみならず、食品企業や消費者との連携によってなされるものであり、情報の共有と共同事業の開発などが重要であり、JFAWI はこれまでそのような共通の情報交換の場として国際的なシンポジュームを開催してきました。今回のセミナーはその関連者の中でも中核となる獣医師を対象とした内容に特化したものですが、関連する業界の方々の参加もあり、このセミナーを機会として参加者の間での交流が始まることを期待したいと思います。

■日 時
2013年10月12日(土)
13:00〜18:15家畜福祉セミナー (18:30〜20:00 懇親会 ※費用別)

2013年10月13日(日)
8:30〜14:00 家畜福祉農場視察

■場 所
セミナー開催会場:とかちプラザ
(北海道帯広市西4条南13丁目 ※JR帯広駅から徒歩3分)
家畜福祉農場視察:十勝しんむら牧場
(北海道河東郡上士幌町上音更西1線261・帯広駅からバスで往復)

■募集定員
獣医師 先着順 30名
(臨床獣医師、食品安全検査獣医師、行政獣医師、企業獣医師、大学研究所獣医師)
※獣医師でない方も参加可能ですが、応募者多数の場合は獣医師を優先させていただくことになる可能性がありますので、予めご了承ください。

■ セミナーの内容構成及び講師
(1)世界と日本の家畜福祉飼養技術の開発動向
(瀬尾 哲也 帯広畜産大学講師)
(2)獣医師への家畜福祉教育の現状と改革課題
 _斑槓〇磴亡悗垢觸丹絣惷軌薀リキュラムの改革
(加隈 良枝 帝京科学大学准教授)
◆[彎化丹綮佞砲茲覯斑槓〇禹愼海慮従と課題〜酪農を中心として〜
(岡井 健 別海町開業獣医師)
(3)世界の家畜福祉政策と福祉品質(WQ)商品の開発動向
(松木 洋一 日本獣医生命科学大学名誉教授)
(4)日本の家畜福祉経営とマーケティングの実態
 _斑槓〇齋弍弔犯稜筌船А璽鵝訴牧養豚と放牧短角肉牛の事例〜
(矢崎 栄司 JFAWI世話人)
◆―従,靴鵑爐號匸譴旅佑┐襯▲縫泪襯ΕД襯侫Д
(新村 浩隆 十勝しんむら牧場代表取締役)

■ 申し込み必要事項
〇疚勝覆佞蠅な・男女)
⊇蠡袷反ヌ承擇喊μ殻
O⇒軅莉蚕
は⇒軅菘渡叩Fax番号
シ搬單渡暖峭
E-mailアドレス
В隠扱遑隠夏(土)の懇親会への参加意向(参加 or 不参加)
В隠扱遑隠各(日)の先進的農場視察への参加意向(参加 or 不参加)
┐完娶など

申し込み先
(メールorFAXorハガキで申し込み下さい)
宛先:農業と動物福祉の研究会事務局
住所:〒180−8602東京都武蔵野市境南町1−7−1
日本獣医生命科学大学・食料自然共生経済学教室気付
直通電話/Fax:0422−32−4348(永松)
E-mail アドレス:mail@jfawi.org


以上

※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。

NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
http://www.alive-net.net/




EUでは、家畜福祉政策が1980年代後半から本格化しています。また、家畜福祉理念を実現するために、ヨーロッパ市民社会はアムステルダム条約の特別な議定書「動物の保護および福祉に関する議定書」において、家畜を単なる農作物ではなく「感受性のある生命存在」として宣言しています。

そのEUにおいても、現実は福祉とは程遠い農場がまだ多く存在するという実態もあり、家畜福祉の浸透・実現の難しさを感じます。




人間が飼育する家畜の生理的、行動的要求を最大限尊重し、生育環境によるストレスをできる限り軽減するための努力は、人間としての最低限の義務であると思います。
しかし、日本では生産者側の家畜福祉に対する意識も高くなく、消費者も家畜福祉についての知識もありません。

日本での畜産におけるアニマルウェルフェアの理解の醸成を図るためにも、まずは畜産業の生産者と直に関わり、家畜動物の福祉や健康といった彼らの一生に関わり続ける獣医師たちから、アニマルウェルフェアの意識の浸透を図ってほしいと思います。

そして、家畜動物達の習性を無視し、生かさず殺さず病気に罹っても死なない程度にかろうじて生かされているといった動物の一生を疑問視しないことはとても悲しいことだと、そう思える意識が広がってほしいと思います。


Animal Welfare Food Community Japan
http://awfc.jp/


1