台湾は来年までにフカヒレ目的のサメ漁を禁止☆フカヒレ利用が招くサメの危機

0

    JUGEMテーマ:グルメ


    台湾は来年までにフカヒレを目的にしたサメ漁を禁止



    台湾は来年までにフカヒレを目的にしたサメ漁を禁止すると発表、香港のホテルチェーンも来年1月1日から、フカヒレの提供を禁止する。


    フカヒレ利用が招くサメの危機(日本語版)

    https://youtu.be/09VcKJTt0t8


    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    フカヒレ食べられなくなる?
    米カリフォルニア州 禁止法案に賛否

    http://www.asahi.com/international/update/0829/TKY201108290411.html

    全米最大の中国系人口を擁する米カリフォルニア州で、中華料理の高級食材フカヒレの売買や所有を禁じる法案が州上院予算委員会を通過した。フカヒレ目当ての乱獲批判から中国系議員らが提出したが、他の中国系の団体や政治家らは「文化慣習への侵害」と猛反発、議論になっている。

    カリフォルニアは中国系が約125万人と、全米の約3分の1を占めており、フカヒレ消費量は全米の約85%に及ぶとされる。州下院はすでに通過しており、9月にも開かれる上院本会議でも可決されれば、2013年から州内の料理店などでの販売が禁じられ、自宅でも調理できなくなる。

    法案は、中国系で民主党の州下院議員、ポール・フォン氏らが提出した。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、フォン氏は長年フカヒレスープを食べてきたものの、漁によるサメの絶滅危機を描いた映画を数年前に見て反対派に転じた。俳優のレオナルド・ディカプリオ氏らが法案支持の手紙を上院議員宛てに出し、中国出身の米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手、姚明(ヤオ・ミン)氏も反フカヒレの動画を撮影して運動に加わり、支持が広がった。

    中国系の食品事業者らは「アジア文化への攻撃となる」として、他の中国系議員らと法案反対のロビー活動を展開。「中国系社会の分断」と米メディアは報じている。中国や各国の中国系富裕層の増加を背景に、フカヒレ漁によって、世界で年間推計約7300万頭のサメが命を落としている。米連邦政府は今年1月、フカヒレ漁の規制強化法を成立させた。


    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    フカヒレ漁が残酷だと言われるのは、そのフィニング(ヒレ漁)と呼ばれる漁の方法です。
    釣り上げたサメを船上で生きたままヒレのみを切り取り、胴体を捨てる漁です。ヒレなしのサメは、泳ぐことが出来ず、海の底に沈み、苦しみながら死に至ります。

    現在、サメの種類は400種以上発見されていて、100種類以上が絶滅の危機に瀕していると言われています。
    サメ種の多くは、人間のように大人になるまで時間がかかり、出生率も低いため、乱獲により数が減ると、回復が難しいと言われています。また、サメは海の食物連鎖の頂点に位置しているため、様々な海洋生物や海の生態系にも影響を与えています。


    サメは色々な商品に使われています。
    ・サメのヒレ→フカヒレスープ
    ・サメの歯→装飾品・ジュエリー
    ・サメの顎→観光土産
    ・サメの肌→レザー財布・ベルト・バッグ類
    ・サメの軟骨→カプセルと粉の医薬品(コンドロイチン)
    ・サメの肝臓→コスメ・スキンケア用(スクワレン)
    ・サメの身→フィッシュ&チップス、練り製品、ペットフード、肥料など


    環境保護主義者が、「台湾がすべきことはサメ漁の全面禁止だ」「フカヒレ漁だけを禁止にしてもサメの保存につながらない」と言っていますが…。

    サメもそうですが、世界で命を落としている牛や豚や家禽類、魚介類は、どれだけの数にのぼるのでしょう…。それらが、人間や環境に及ぼす影響も取り上げないと、本当に単なる「アジア文化への攻撃」といった意味しかなさない事になります。


    ◆『動物保護運動の虚構』
    様々な保護運動を考える際に、警告として知っておきたいことが書かれてあります。








    ねこまる * フカヒレ・サメ漁 * 13:55 * comments(2) * -

    フカヒレ漁は残酷?ジャッキー・チェンも反対!

    0
      JUGEMテーマ:グルメ

      高級中華料理のフカヒレスープは、中国や香港では、富の象徴として結婚式には欠かせない一品だそうです。
      日本でも、手頃な値段で提供しているところも増えてきて、フカヒレを好きな人も結構いるかもしれません。
      高級というイメージはそのままで、一般の人々にも普及しています。
      また、美容にいいというふれこみから、好んで食す女性も多いかもしれません。


      フカヒレを食べないで!

      人間に殺されるサメは、年間約1億匹にものぼるそうです。
      その目的は、ヒレ。つまり爛侫ヒレ瓩任后

      サメは海面に張り巡らされた捕獲網によって罠にかけられ、その多くが命を落とします。しかし、必要なのは、ヒレ。生きていれば、ヒレだけが切られて、そのまま海へ投げ捨てられます。

      海底に沈み、身動きできず、他の魚の餌食となるサメ。

      フカヒレを食べなくても、人間は生きていけます。高級イメージを植え付けられ、ありがたがって食べているだけではないでしょうか。




      http://suprememastertv.com/jp/bbs/board.php?bo_table=Stop_Cruelty_jp&wr_id=57&goto_url=veg

      日本では、取引されるフカヒレの90%が宮城県・気仙沼港で水揚げされ、東京や香港に出荷されます。
      そのフカヒレとなるヨシキリザメは、気仙沼港のサメ漁獲量の80%を占めています。国際自然保護連合(IUCN)は、「準絶滅危惧種」に指定されているサメであると指摘しています。

      米ハワイ州では、2010年7月1日から、食材用のフカヒレの売買が禁止されました。
      州議会の民主党議員などが、「サメを捕獲して殺し、フカヒレを取るのは、ゾウを殺して象牙を取るのと同じ」などと主張しています。

      フカヒレ禁止運動は、上海でも展開されているようです。


      ジャッキー・チェンもフカヒレ反対!

      http://news.livedoor.com/article/detail/5003681/
      2010年9月8日、米紙The Madison Timesは「金持ちになった中国人、フカヒレへの欲望は増すばかり」と題した記事で、米NBAの中国人選手、ヤオ・ミン(姚明)や俳優のジャッキー・チェン(成龍)らが中国人にフカヒレを食べないよう訴える活動を行っているが、難航しているようだと報じた。10日付で環球網が伝えた。

      アジアの食文化に欠かせない高級食材フカヒレ。中国では古くから富と権力の象徴として祝いの席には欠かせないものとされてきた。それが、経済の急速な発展に伴い近年は一気に需要が高まっている。全世界のサメの個体数はこの10数年で90%も減少。毎年1億匹が殺されているが、うち73%がフカヒレを目的としたものだ。そのうちの50〜80%が香港に集められ、大部分が中国本土に渡っている。

      近年、中国ではフカヒレを食べないよう訴える運動が幾度となく行われている。ある団体は「フカヒレを食べるなど全くの無駄遣い。しかも、ヒ素やメチル水銀など人体に有害な物質が大量に含まれている」と訴える。06年には絶滅の危機にある野生動物の保護活動をしているNPO団体・ワイルドエイド(WildAid)は北京事務所の開設にあたり、中国バスケット界のスーパースター、ヤオ・ミンをイメージキャラクターに起用。中国各地で「買わなければ殺戮も終わる」と呼び掛けた。

      電子商取引大手のアリババは先日、同社が運営する通販サイトでのフカヒレの取引を禁止した。香港でも10数軒のレストランがフカヒレなしの宴会コース料理を出し始めている。08年の北京五輪期間中に実施した調査によると、55%がこうした活動を「知っている」と回答。うち94%が「何らかの効果は出ている」、83%が「自分もフカヒレを全く買わない、または出来るだけ買わないようにした」、89%が「フカヒレの取引は禁止すべき」と答えた。

      だが、それでも古くからの慣習を変えるのは容易ではなさそうだ。06年にヤオ・ミンが「フカヒレ食べない宣言」をした際は、中国本土、香港、日本、シンガポールの複数の企業が「営業妨害」だとして合同で抗議文を出したという。


      フカヒレ利用が招くサメの危機(日本語版)

      https://youtu.be/09VcKJTt0t8


      「毎年、全世界でサメに襲われて殺される人の数は6人だが、毎年、全世界で、人に襲われて殺されるサメの数は7300万頭を超える。フカヒレのために殺されるサメの95%は、生きたままヒレを取られた瞬間に海に捨てられ、海の底で息絶える。実に、最も無駄の多い、貪欲で、残虐な人類の珍味と言えるだろう」――ナショナル・ジオグラフィック

      あの、どうせなら、珍味と言われるものではなくても、猊當未豊畤されている犁蹐籠擇箏椶簍哭瓩覆匹瞭も、「実に、最も無駄の多い、貪欲で、残虐な人類の味と言えるだろう」と言ってほしいところです!


      ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

      実は今、大変興味深い本を読んでいます。
      たまたま、古本屋さんで見つけた本です。
      梅崎義人さんの『動物保護運動の虚像―その源流と真の狙い―』という本です。

      私は、この世の中から、人間による動物の利用がなくなってほしいと願っています。食用、動物実験、毛皮、狩猟、娯楽等など、多岐にわたるすべての利用がなくなってほしいと願っています。

      しかし、クジラやイルカ問題などで矢面に立たされている日本のことを思うと、疑問がわき起こっているのも事実です。「なぜ日本が、こんなに標的にされるのか」と。
      単に、有色人種差別だと言ってしまえばそれまでです。
      クジラ、アザラシ、海亀、象、オットセイ、そして、フカヒレ等など…。こうしてアジア圏が標的にされているのは、アングロ・アメリカンのエリート集団が、日本を中心とする有色人種国家と途上国の経済力を、環境面から抑制していく――こうした目標のため、環境、野生動物保護運動、そして動物権運動と合流して容赦ない攻撃を加えていくキャンペーン。

      本当にそれだけだとしたら…。

      ただただ、動物の暮らしが守られる世の中になってほしいと願っているだけなのに…。こうしたキャンペーン活動の成果を喜んでいいのか、悪いのか、複雑な気持ちになります。

      それでも、私は私で、動物の苦しみのない世の中が、人類にとっても地球にとってもよい世の中であると思い、これからも「動物の権利・解放」を考えていきたいと思います。








      ねこまる * フカヒレ・サメ漁 * 16:33 * comments(3) * -
      このページの先頭へ