ハロウィン?ブタさん、かぼちゃ食べる!

0

    JUGEMテーマ:ペット

     

     

    たまたま見つけたんだけど…。

     

    ハロウィンだからって、仮装して騒ぐのがいいみたいな感じになってるけど、私はこんな豚さんやワンちゃんの姿見るだけで、なんとなくそんな気分になった、というだけでいい(奥にちっちゃく、ワンちゃんが…!)。

     

    個人的には、特別にそんな気分(ハロウィン気分)にも、ならなくても、いいのだ。

     

     

     

     

     

    今年は、世間のハロウィン熱が冷めているように感じるのだけど…!

    かぼちゃのスイーツや、かぼちゃのオブジェなどが、残っていくんじゃないでしょうかね…。

     

     

     







    ねこまる * ブタさん * 12:21 * - * -

    “Ethical VEGAN Fest 7th Impact”があるね〜!

    0

      JUGEMテーマ:エコライフ

       

       

      秋晴れが続くこの頃。

      お出掛けしたくなるような、穏やかな気候が続いています。

       

      ついに、今月!エシカルヴィーガンフェス。

      すでに多くの方がご存知だと思いますが、場所が変更になっていますので、ご注意下さい。

       

      ↓ ↓ ↓

       

      ◇Ethical VEGAN Fest 7th Impact

      https://www.facebook.com/events/263662944401574/)より

       

      主催者: 日本エシカルヴィーガン協会

       

      『アニマルライツ』『エコロジー』『ヘルシー』をテーマに、動物、地球、人にとても優しいヴィーガン・ベジタリアンと言う生き方を知って体験して頂けるお祭りです。

      ※当イベントではエコロジーの観点からマイ食器のご持参を推奨しております。ご協力お願い致します(^^)

      日時
      2018/10/28(日)11:00〜17:00 雨天決行

      場所
      小田南公園
      兵庫県尼崎市杭瀬南新町3-15-10
      阪神大物駅 (阪神梅田駅から直通17分) から徒歩10分

      内容
      入場無料。
      ヴィーガンフード、エコフェアトレード商品の販売、アニマルライツ、環境問題等の展示、講演、ライブ・パフォーマンス等

       

       

       

      (内容 ここまで)

       

       


       



      https://www.facebook.com/Jo.Frederiks

       


      ダイヤ 世界中で求められている倫理的な振る舞い

      個人のエシカル行動⇒エシカル消費は、個々ができる倫理的な振る舞いです。

      日本の消費者は、エシカルに関心が薄いと言われています。

      しかし、私たちが消費しているモノの生産背景を知ることは、とても重要で緊急的なことです。なぜなら、それが世界中の貧困・人権・環境問題と関係しているからです。

      大量生産・大量消費は、動物たちをも苦しめています。かれらを搾取する生活が、世界的な緊急課題である「貧困・人権・環境問題」とも無関係ではありません。

      自分の消費が誰かを搾取し苦しめていないか、個々が意識的に調べてみることが必要です。

       

       

       







      ねこまる * ベジタリアン&ヴィーガンなイベント * 12:07 * - * -

      豆乳スイーツも、進化してるわね〜♪

      0

        JUGEMテーマ:おやつの時間

         

         

        これは、どっから見ても、「カスタードプリン」でしょう〜!

         

         

        そう、あの、卵や牛乳を使って作られている、カスタードプリン!

        でも、これは豆乳スイーツ!

        動物性のものは使われていません。

         

         

        BRANMA KOBE」という、発酵豆乳スイーツのお店の、フェリコットです。

         

         

         

         

        この黒蜜も、おいしかった!

        そしてこの生地、絹ごし豆腐みたいで滑らか。

        植物性乳酸菌も入ってて、でも発酵させてあるといっても、ヨーグルトのような酸味もなく、うま〜く作ってあります。

        後味も、すっきり!

         

         

        新しい、スイーツの形ですね。

         

         

         

        ☆BRANMA KOBE

        http://www.branma-kobe.com/

         

         

         







        ねこまる * ヴィーガンの食材・お取り寄せ * 19:48 * - * -

        家畜動物の扱われ方にみる〜強欲に対抗するには情報に敏感になる!

        0

          JUGEMテーマ:食生活


           


          自分の利益のことばかり考えてたら、人間は誤った方向へ向かってしまいますよね。

          特に企業は、その利益追求が強くなりすぎて、強欲になりがちです。


          強欲に対抗するには、「情報に敏感になること」が大切です。



          『豚は月夜に歌う』のジェフリー・M・マッソンが、その著書で動物を救いたいと思った人へ個人的にできることを提案していますが、最後に大切なこととして述べていることは、動物(家畜動物)を救うこと以外に、社会に存在する問題に対しても共通することだと思います。
           

           

          大切なのは、食糧問題に対する政治姿勢をはっきりしめすことだ。食品産業界が言うことをうのみにしてはならない。彼らには売るべき生産品があり、保身のための専門家がいて、収益をあげて満足させなければならない役員たちがいる。業界全体が利益のために結びついている。誰のための利益かをつねに考えることだ。

           

          肉の呼びかたひとつとっても、豚の肉は豚(ピッグ)ではなくポークと呼ばれる。牛(カウ)の肉ではなくハンバーガー。その食べ物がもともと何だったかを思い出させないためだ。スーパーマーケットのパッケージもそうだ。パックに入った肉から生前の姿は想像できない。

           

          消費者が食品を選ぶとき、動物の苦しみを感じないようにすべてが慎重に練りあげられている。

           

          家畜動物の研究費用は、ほとんどが食品業界から出ている。また獣医学校の動物行動学部は、同業界から気前のよい寄付を受けていることが多い。

          そういった研究所や大学院にいるなら、あからさまに禁じられることはないにしろ、自分の信念にしたがって財政支援者たちの生産品の不利になるような研究をおし進めることが、今後のキャリアのためにならないことは明白だ。それならば、こうした研究にどれだけの客観性を期待できるだろうか?
           


          『豚は月夜に歌う』p.298〜299より抜粋

           

           

           

           



          世界のほんの一握りの大企業(“強欲の商人“と呼ばれる)が、世界の食糧供給を支配しているというのに、世間は一向に関心を寄せません。

          また、企業が従業員を非人道的に扱う場合が多いから、残酷さは、種を超えて感染するウイルスのようにとどまることを知りません。家畜動物たちの扱われ方がそれを証明しています。

           



          Singing to comfort Bentley in the hospital

          https://youtu.be/uAqyPrKgiJM

           


          食が大切だ、健康が大切だ、環境が大切だといっても、私たちは一体、それの何を見ているのでしょうか。
          一人ひとりが、「誰のための利益か」を考えることが必要です。


          「誰のためにお金を払いたいか」を考えて、賢い選択をしていきたいですね。自分や、働く人や、、動物や、環境や、地球にとって、ベストとなるような選択を…。



          愛を拡げて(対象も含めて)、生きていきたいですね♪

           

           

           

          【中古】 豚は月夜に歌う 家畜の感情世界 / ジェフリー・ムセイエフ マッソン

           

           

           

          <画像>

          https://www.facebook.com/mercyforanimals

           

           

           

              

           

              

           

           

           







          ねこまる * 肉食・工場畜産について * 13:40 * - * -

          畜産動物の扱い〜工場畜産の制度は家畜を利益追求の手段としか見ていない

          0

            JUGEMテーマ:動物愛護

             

             

             

            以下、アニマルライツセンターより

             

             

            6月6日水曜日、衆議院厚生労働委員会にて、アニマルウェルフェアについての質問が行われました。

             

            詳細、全文(仮の議事録です)は下記でお読みください。

            http://www.hopeforanimals.org/animal-welfare/kousei-roudou-0606/


            2018年6月6日の衆議院 厚生労働委員会で、初鹿明博衆議院議員(立憲民主党・市民クラブ)が畜産動物のアニマルウェルフェアについて質問してくださいました。

             

            日本のアニマルウェルフェアは大変遅れていますが、厚生労働省が管理すると畜場でのアニマルウェルフェアは農場内でのアニマルウェルフェアと比較するとより一層遅れており、ほとんど手がつけられていない状態と言えます。

             

            今回の答弁で明らかになったのは、厚生労働省がアニマルウェルフェアに取り組むつもりがないということです。OIEの動物福祉規約を遵守することすら、自ら動くつもりはありません。

             

            ブタの86%、牛の50%の屠殺場には飲水設備がなく、動物たちが20時間以上、私達が把握している中では24時間、水が飲めない状況に陥っています。

             

            殺される前夜、飢えと乾きで苦しんでいるのです。

             

            厚労省はガイドラインに飲水設備を備えることを明記していますが、それについても対米輸出用の基準に書かれていたので書いただけで、衛生管理には必要ではないと言うのです!!!

             

            豚たち乾いた喉を潤そうと、糞尿まみれの水をのみ、シャワーの水がなくなってからは仲間のし尿を飲み、それすらも無ければただただ乾き、苦しみ、ストレスに耐えるしかありません。

             

            その他食鳥処理場での夜間放置の件、生きたままニワトリが茹でられているという件なども追求しています。

             

            冷たい冷たい答弁でした。

            答弁の中で、動物福祉は環境省だとたらい回しにしていますが、環境省は畜産動物たちのために、まったく予算も人もかける予定はありません。

             

            なぜこんな状態なのか。

             

            私達国民の声が少ないからです。

            畜産動物たちを苦しめないでほしいという声が、届いていないからです。

             


            認定NPO法人アニマルライツセンター
            http://www.arcj.org

             

             

            【ここまで】

             

             

             

             

             

             

             

            現代が生み出した「工場畜産」は悲惨です。

            ここから、食卓に上る食肉と乳製品の大部分が提供されているのです。

             

             

            工場畜産…。

            それは、利益を極大化するために非常に限られた空間でできるだけ多くの動物を飼育しようとすることです。

             

            工場畜産は経済的効率の追求しかありません。

            それは、家畜を利益追求の手段に、つまり道徳的地位のない対象にすることでしか、得られません。

             

            つまりは、現代の畜産物は、人間が作ったあらゆる制度や実践よりも、多くの危害や暴力を、動物に与えるものだということです。

            肉や乳製品は、そこからきています。

             

             

            食卓を見直しましょう。

            そして、動物製品を消費しない選択を、少しずつでも始めてください。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             







            ねこまる * 肉食・工場畜産について * 12:51 * - * -

            ヴィーガンについて☆絶対に見てほしい「Dominion」

            0

              JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

               

               

              ヴィーガンの広がり

               

              ヴィーガンは、世界中で、確実に増えていますね。

              日本でも、若い人がネットを駆使して、そういう情報を発信している人が増えてきたように思います。

               

              そこで、色々な人が発信していると、出てくる問題もありますね。

              特に、あらゆる動物の搾取を無くしたいと思っていると、ダイエットや健康や環境問題からヴィーガンの食生活を実践しているだけの感じを目にすると、物足りないというような感じになるかもしれません。

               

              また逆に、健康問題から動物性食品取ってません、というような人からは、ジャンクヴィーガン?は不健康で、一緒にされたくない?なんて思ってしまうところもあるような…。

               

              そもそも、ポテトチップスや揚げ物、お菓子や炭水化物など高カロリーなものを好むヴィーガンが、ジャンクっていうのが、なんだかなぁ、差別的な感じ、そこまでレッテル貼ります?みたいな感じ、に思えてしまいます。

               

               

               

              今の世の中では、添加物を使用して作られた植物性食品は、ないよりは「あってよかった」という部類になると思うんです。

              少しでも動物の犠牲をなくしたい人から見れば。

               

              自分もそうですが、一般の人にとっても選択肢がある、増えるというのは、嬉しいことだから。

               

               

              だから、白砂糖とってたら、ヴィーガンじゃないとか、そういう風に捉えてしまうと、より完璧を目指す人にとっては、そうでしょうけど、それがネット上での批判に展開していると、窮屈な印象を世間に与えてしまうんじゃないかな〜って、思えます。

               

              あとは、オシャレなヴィーガンを展開している人にとっては、動物の屠畜画像など、「やめてくれ〜」って、なるのかな??自分のスタイルに傷がつく、みたいな?感じでしょうか。あ、動物全般の倫理観においてアニマルライツ的なものが少ない人にとっては、という意味です。

               

               

              そんなことを、思いますね。

               

               

              私は、ヴィーガンの商品に関しては、「投票」のように捉えています。

               

              食品において、商品に明記してある原材料は、議員の公約みたいなもの。

              投票するにおいて、投票したい人の掲げられた公約全てにおいて、賛同していることって、まずないですよね。

               

              だから、添加物においても、そう。

              例えば、白砂糖使ってあったりしても、応援したいと思えば、買います。

               

              あくまでも、私の基準です。

              でも、そうじゃないと、ヴィーガンの商品、広まらない…。

              そういう現実が、あるからです。

               

               

               

              何事においても、動機が大切です。

               

               

              私は、論理的でも科学的でもないし、難しいこと書けないから、ただの個人的な思いを書きました。

               

               

              そうそう、これ紹介したかったんです。

               

              Dominion: Documentary

               

              https://www.dominionmovement.com/watch

              (日本語字幕)

               

               

               

               

              ドミニオン。Dominion (2018)。

               

              私は、最初の10分足らずで、どうしてもこれ以上は耐えられそうになかったので、途切れ途切れで分けて見ます。

              そして、改めて思いました。

               

               

              動物を搾取しない世の中の構築。これが、絶対に必要だと。

               

               

              事実を知ること。

              これは、人類すべてに求められています。

               

               

              この映像の中に収められている動物たちの苦しみ。

              それは、動物を搾取する社会で生活する全ての人間が、直視するべき問題です。

               

               

               

               

               

              畜産のほか、衣類、娯楽、動物実験、ペット産業といった分野が取り上げられているようです。

               

               

              人間の動物に対する暴力は、こうした分野で顕著に表れています。しかも、その残虐性には目を覆うばかりでなく、こうした暴力が日常的である、普遍的である、という狂気。

              このような恐ろしい世界は、事実を知らない、または変わろうとしない人たちの消費で、成り立っているのです。

               

               

              私たちは、目を覚ますべき時ではないでしょうか。

              見なければよかった、というものではありません。

              見るべきなのです。

               

              そして、一刻も早く、動物を搾取しない生活を、選択するべきなのです。

              できることから。動物を苦しめない世界を目指して。その歩みは、確実に前進していなければなりません。

               

               

               

              <画像>

              Dominion: Documentary

               

               

               







              ねこまる * 日常・いろいろ * 16:20 * - * -

              ヴィーガンチーズ♪ 気軽にチーズトースト

              0

                JUGEMテーマ:美味しいパン

                 

                 

                これ、使い勝手いいですね〜!

                梅田のスーパーで買ったんですよ。

                 

                思わず、3つも!

                だって、普通のスーパーでは売ってないから。

                 

                 

                 

                 

                パンは、近所で大人気のパン屋さんで。

                卵・乳製品なしのパンが、買える!

                 

                 

                 

                 

                味はというと、植物性ですから、牛のチーズの味はしませんが、それっぽく作ってある。

                しかも、トロける〜って感じではないけど、気軽に食べるには、いいんじゃないでしょうか。

                というか、十分です!

                 

                ヴィーガンでもいろいろあって、添加物とか植物油脂とかが気になって、手が出ない人がいるかもしれませんよね。

                でも、私は、動物の犠牲が減ってほしい、なくなってほしいから、たまに買います!

                 

                 

                 

                 

                 

                 







                ねこまる * ヴィーガン・菜食な料理 * 13:03 * - * -

                ピアスグループ☆動物実験

                0

                  JUGEMテーマ:コスメ

                   

                  <アニマルライツセンターより>

                   


                  19日、ピアスグループと面会が実現します。署名は16日締め切りです。

                   

                  再度のシェア、お願いします!
                  http://www.arcj.org/animals/animaltesting/00/id=1387

                   

                  2018/10/11

                  ピアスグループに化粧品の動物実験廃止を求めるキャンペーンを9 月1日に開始してから1ヶ月以上が過ぎましたが、 ここにきて新たな展開がありました。

                  私たちCFBではかねてより対話を求め続けてきましたが、来る1 9日、ピアスグループとの面会が実現することとなりました!

                  動物実験を廃止するのか否か、結果はまだわかりませんが、 大きな前進であることは間違いがないでしょう。

                   

                  皆様の声があったからこそ、実現する対話の場です。 心から感謝いたします。

                   

                  19日には署名の提出も行いますので、署名の集約を16日正 午(12:00)に締め切りたいと思います。


                  最後に再度シェアなどしていただければ幸いです。
                  http://www.change.org/pias/

                   

                  対話後の報告が、良いものになりますように。

                   

                   

                  ◇ ◇ ◇

                   

                   

                  《署名内容》

                   

                  カバーマーク、ケサランパサラン、イミュのピアスグループは化粧品の動物実験をやめてください!

                   

                  大阪に本社を置く化粧品メーカー「ピアスグループ」が、医薬部外品の有効性確認のための動物実験を継続していることが明らかになりました。

                   

                  ピアスグループといえば、アイプチで一躍有名になったイミュをはじめ、カバーマークアクセーヌケサランパサランなど、コスメショップを賑わせる数々のブランドを手掛け、セブンイレブン・ジャパンとの共同開発によるセブンイレブン限定オリジナルブランドも展開。国内化粧品売上高上位20位圏内にランクインする大手化粧品メーカーです。

                   

                  一般消費者の方からCFBに寄せられた情報によれば、動物実験を行っているかどうかを問い合わせたところ「医薬部外品の最終製品の有効性確認のための動物実験を実施する可能性がある」と回答したとのこと(2018年4月)。

                   

                  2013年、CFBの構成団体であるJAVAがピアスグループを含む複数の化粧品メーカーに対して動物実験に関する書面での調査を行ったところ、ピアスグループはそれを無視
                  それから5年を経て、今度はCFBから同社に対して公開質問状を送付したころ(2018年5月)、3カ月が経過した今も回答はなく、電話による問い合わせに対しても「回答するつもりはない」と拒絶しています。

                   

                  EUをはじめとする化粧品の動物実験を法的に禁止する動きが国際的に加速し、それにならって国内でも資生堂を筆頭に大手化粧品メーカーが次々と動物実験廃止を掲げるなか、その動向を一顧だにせず動物実験を継続しようというピアスグループ。
                  それだけでなく、NGOからの問い合わせに一切答えず、無視を続ける企業姿勢には疑問を抱かざるを得ません。

                   

                   

                  化粧品開発のために行なわれる動物実験とは:


                  ・シャンプーの原料をウサギの目に注入する
                  ・リップカラーの材料をマウスの口から強制的に投与する
                  ・日焼け止め成分を背中に塗ったモルモットをアルミホイルで覆いUVランプを照射し続ける

                   

                  これらはほんの一例ですが、動物たちは実験で苦しめられた後、健康な体に戻されることなく、すべて殺処分され、廃棄されます。
                  そして、薬用化粧品や薬用ハミガキなど「医薬部外品」の効能効果を示す有効性試験のためにも動物実験が行われています。これらの試験も、無抵抗の動物に化学物質を塗布したり、放射性同位体を投与して被曝させたり、紫外線を照射するなどして苦しめ、殺してしまうものです。

                   

                  これらの動物実験は、日本では法律で禁止されていないため、心ある企業が自主的な判断で動物実験廃止を決める一方、いまだに動物実験を継続する残念な企業が存在してしまっています。ピアスグループもその一つです。

                   

                  また、大学などとの共同研究(基礎研究)で動物実験を行い、 その結果を自社製品(化粧品など) 開発に流用するということも実際に行われています。 共同研究であっても最終的に化粧品目的で行われる動物実験は、 ほかの安全性試験や有効性試験と同様に、廃止すべきです。

                   

                   

                  <化粧品開発のための動物実験は行うべきではない>


                  これが国際標準となりつつあるなか、この動きを無視し続けるピアスグループに対して、化粧品・医薬部外品のための動物実験をただちに廃止するよう、声を届けてください!

                   

                   

                  【化粧品の動物実験をめぐる国内外の動向】

                   

                  • 2013年3月11日、EUでは化粧品の動物実験を法律で完全に禁止。
                  • 同年、イスラエル、インドでも禁止。
                  • 同年2月、資生堂が化粧品・医薬部外品の動物実験廃止を決定。
                  • 2014年、ブラジル・サンパウロ州でも禁止。
                  • 2015年、米国連邦議会に禁止法案が上程。
                  • 2015年3月、花王カネボウが動物実験廃止。
                  • その他、日本では2013年以降、コーセー、ノエビア、日本メナード化粧品、ポーラ・オルビスホールディングスが廃止。

                   

                   

                  【買わないで!ピアスグループ 化粧品ブランド一覧】

                   

                  • カバーマーク
                  • アクセーヌ
                  • ケサランパサラン
                  • イミュ
                  • オリリー
                  • アナスタシア(アイブロウトリートメント)
                  • インフェイシャス
                  • フィオリア
                  • パウダーパレット
                  • オングレース
                  • アプレイジ
                  • ラフォーレ(エステティックサロン用高機能化粧品)
                  • パピリオ
                  • パラドゥ(セブンイレブン限定オリジナルブランド)
                  • その他

                   

                  動物実験をやめるまで、ピアスグループのブランドの化粧品を買わないでください!

                  美しさのために動物を苦しめないという決定をするよう、あなたの力を貸してください!

                   

                   

                   

                  〜転載ここまで

                   

                   

                   

                   







                  ねこまる * 動物実験について * 11:13 * - * -

                  GEPAのオーガニックダークチョコレート70%

                  0

                    JUGEMテーマ:チョコレート

                     

                     

                    このチョコ、アンティークなものも売ってる、セレクトショップのような感じのお店で、買いました。

                    ナチュラルな感じの看板に惹かれて入った、雑貨店。

                     

                    そこで、オーガニックチョコ売ってるとは、思わなかった〜!

                     

                     

                     

                     

                     

                    これは、GEPA(ゲパ)のオーガニックダークチョコレートで、マスコバド糖を使ってます。

                     

                    思わず、思った。

                     

                    なんだか、かっこいいチョコだ!!!

                     

                     

                    ウェックの瓶とか、木の蓋とかも買いました。

                    プラスチックの蓋は、匂いの強いものがあって、苦手だったんです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    欲しかった形の瓶と、木の蓋。

                    どちらも、あまり見かけないから、思わず嬉しくなって買いました。

                     

                    生活も、楽しくなりそう♪

                     

                     

                     

                     

                     







                    ねこまる * ヴィーガンなおやつ * 21:44 * - * -

                    長谷川理恵さん、ヴィーガンパティシエで「ミートフリーマンデー」を語る

                    0

                      JUGEMテーマ:スイーツ

                       

                       

                       

                      長谷川理恵、ポール・マッカートニーも推奨のヴィーガン料理をPR「日本にも風が来れば」

                       

                      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000069-sph-ent

                      10/6(土) 13:59配信 スポーツ報知

                       

                       

                      タレントの長谷川理恵(44)が6日、東京・丸の内で開催中の「東京味わいフェスタ」(〜7日)でヴィーガンスイーツのキッチンカー「パティスリー・リエ」を初出店した。

                      動物の肉、魚介類、乳製品などを一切使用しない料理「ヴィーガン」。長谷川は店頭に立ち、自身がプロデュースしたパフェやフルーツサンドをPRした。「1人でも多くの人に食べてほしい。アレルギーの子も誕生日などイベントの時に同じケーキを食べられるのが夢です」と目を輝かせた。

                      厳格なヴィーガンとして知られる元ビートルズのポール・マッカートニー(76)は、月曜日だけお肉を食べない「ミート・フリー・マンデー」を提唱している。長谷川は「考え方がすばらしくて、カッコイイです。毎日がヴィーガンは大変だけど、週1日なら気分的にも楽ですよね。日本にもそういう風が来れば」と語った。

                       

                       

                      〜抜粋ここまで

                       

                       


                       

                       

                      芸能人や著名人で、メディアで「ヴィーガン」や「ミートフリーマンデー」について言及する人っていないから、長谷川理恵さんに先を超された!って、思ってほしいわ〜!

                      だって、日本だけじゃない?先進国で、こんなにも肉食礼賛なのって…!乳製品だってそう。

                       

                      「アースリングス見て下さい」なんて著名人、現れてほしいわ〜!!!

                       




                      Meat Free Monday

                      ミートフリーマンデー。 世界中で、「肉を食べない」という選択をしている人がたくさんいます。
                      動物性のものを使わなくても、食事も出来るし着る物にも困りません。 お肉や乳製品の代用品だって用意されています。

                      今までの食事を見直し、週一日からでもベジタリアンやヴィーガンの生活を始めてみませんか?

                      EARTHLINGS(日本語字幕版)という映画を観て、考えてみてください。

                       







                      EARTHLINGS(アースリングス)は、動物たちの苦難を扱った映画です。潜入調査による映像が収められたドキュメンタリー映画で、「ペット」「食料」「衣服」「エンターテイメント」「医学・科学研究」といった5つの分野が取り上げられています。


                      【Earthlings Japanese Subtitle】

                      https://youtu.be/thFyxG5_V4c

                      映画のナレーションは、ハリウッド俳優でありヴィーガンでもあるホアキン・フェニックスが担当しています。
                       

                       

                       







                      ねこまる * ミート・フリー・マンデー(肉なしの月曜日) * 19:24 * - * -
                      このページの先頭へ